福岡駅の構内図(西鉄)を解説!お土産売り場や博多駅・福岡空港まで行く方法も!

福岡駅の構内図について、この記事では詳しくお伝えしていきます。
お土産売り場情報や博多駅・福岡空港までいく方法など、福岡駅を利用するにあたり、必要となる情報をたくさんご紹介していきます。

そのため、福岡駅を利用される方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。
それではさっそく、福岡駅の構内図情報についてお伝えしていきましょう。

福岡駅の構内図(西鉄)

福岡駅の構内図について、詳しくお伝えしていきます。
そもそも福岡駅は、「西鉄福岡(天神)駅」などと呼ばれることも多い駅です。

また、福岡駅は駅名に対して「西鉄」とつくことからもわかりますが、「西日本鉄道(通称は西鉄・にしてつ)」が運営している「天神大牟田線」の駅のひとつとなっています。
そんな「西鉄福岡(天神)駅」の構内図としては、電車の乗車・降車ホームが二つに分かれているのが特徴です。

具体的な「西鉄福岡(天神)駅」のホーム構内図は、以下のとおりです。

  • 1・2番線乗り場:天神大牟田線(二日市・太宰府・久留米・大牟田方面)の普通列車、急行列車用ホーム
  • 3番線乗り場:天神大牟田線(二日市・太宰府・久留米・大牟田方面)の急行列車、特急列車用ホーム

「西鉄福岡(天神)駅」のホーム構内図としては、このように分かれているのが特徴的です。

また、「西鉄福岡(天神)駅」の改札は、以下のように分かれています。

  • 北口
  • ソラリア口
  • 三越口
  • 南口

このような「西鉄福岡(天神)駅」の改札のなかでも、とくに「北口」はバリアフリーも進んでいるのが特徴となっています。

また、「西鉄福岡(天神)駅」から「福岡市地下鉄空港線」を利用する際にも、「北口」は利用しやすく便利な改札です。

福岡駅の構内図(福岡駅から福岡空港まで行く方法)

福岡駅の構内図のなかでも、「西鉄福岡(天神)駅」から「福岡空港」まで行く方法について、ここではさらに詳しくお伝えしていきましょう。
まず、「西鉄福岡(天神)駅」から「福岡空港」まで行く方法としては、以下の方法が具体的に挙げられます。

  • 地下鉄
  • バス
  • タクシー

「西鉄福岡(天神)駅」から「福岡空港」まで向かうには、多くの場合、これらの3パターンを利用することになると思われます。

そのなかでも、「西鉄福岡(天神)駅」から「福岡空港」まで向かう際に地下鉄を利用する場合は、先にお伝えしたように、「福岡市地下鉄空港線」を利用することになります。
そんな地下鉄を利用して、「西鉄福岡(天神)駅」から福岡空港まで向かう場合の行き方は、以下のとおりです。

  1. 「西鉄福岡(天神)駅」の北口改札から出る
  2. 「福岡市地下鉄空港線」の「天神駅」の改札へ向かい、乗り換えをする
  3. 「福岡市地下鉄空港線(福岡空港行)」に乗車する
  4. 「福岡空港」に到着する

このようなルートで進めば、およそ15分程度で西鉄福岡(天神)駅」から「福岡空港」まで行くことができます。

次に、「西鉄福岡(天神)駅」から「福岡空港」までの行き方として、バスを利用して行く方法についてお伝えしていきます。
具体的な行き方の手順は、以下のとおりです。

  1. 「西鉄福岡(天神)駅」の北口改札から出る
  2. 「福岡市地下鉄空港線」の「天神駅」に向かう
  3. 「福岡市地下鉄空港線(福岡空港行)」に乗車する
  4. 「博多駅」で降車し、「AIRPORTBUS」の福岡空港国際線行きに乗車する
  5. 「福岡空港」に到着する

このようなルートで進むと、「西鉄福岡(天神)駅」からバスを利用して「福岡空港」まで行くことができます。

しかし、ご覧のようにバスを利用して「西鉄福岡(天神)駅」から「福岡空港」まで行く方法は、地下鉄利用の場合に比べると、運賃も時間もかかってしまいます。
そのため、バスを利用するよりは地下鉄を利用して「西鉄福岡(天神)駅」から「福岡空港」まで移動するのがおすすめです。

なお、「西鉄福岡(天神)駅」から「福岡空港」までの移動を、タクシーを利用して行く場合は、約2,000円程度かかり20分程度で到着する見込みです。

福岡駅の構内図(福岡駅から博多駅まで行く方法)

福岡駅の構内図について、ここでは「西鉄福岡(天神)駅」から「博多駅」まで行く方法について詳しくお伝えしていきましょう。
「博多駅」は福岡のなかでも中心地として知られており、新幹線も停車するため、非常に利用する機会が多い駅ともいえます。

しかし、福岡県以外の方からすれば、「なぜ福岡なのに博多駅の方が、福岡駅よりも大きい駅なのか?」と思われている方も多いようです。
ですが実際のところ、「西鉄福岡(天神)駅」から地下鉄「福岡市地下鉄空港線」を利用して「博多駅」まで行った場合、15分ほどの時間で到着します。

そのため、「西鉄福岡(天神)駅」から「博多駅」まではそう遠いわけではありません。
ですから、実質距離もそこまで離れておらず、数駅分程度です。

そんな「西鉄福岡(天神)駅」から「博多駅」までの行き方は、以下のとおりです。

  1. 「西鉄福岡(天神)駅」の北口改札から出る
  2. 「福岡市地下鉄空港線」の「天神駅」に向かう
  3. 「福岡市地下鉄空港線(福岡空港行)」に乗車する
  4. 「博多駅」で降車する

このようなルートで、「西鉄福岡(天神)駅」から「博多駅」まで行くようにしましょう。

「西鉄福岡(天神)駅」から「博多駅」までは、片道210円程度の料金で行くことができますので、とてもリーズナブルです。
なお、「博多駅」で新幹線を利用する場合は時刻表を確認しておき、「西鉄福岡(天神)駅」から出発する際にも、あらかじめ余裕をもって行動するようにしましょう。

当たり前のことかもしれませんが、15分程度の時間で「西鉄福岡(天神)駅」から「博多駅」まで移動でき、そこまで距離が遠いわけではないと油断してしまいがちですので注意が必要です。

福岡駅の構内図(お土産売り場)

福岡駅の構内図について、ここでは「西鉄福岡(天神)駅」近くのお土産売り場の情報を詳しくお伝えしていきましょう。
「西鉄福岡(天神)駅」近くのお土産売り場として、とくにおすすめなのが、ソラリアステージにある「西鉄縁線駅みやげ」というお土産売り場です。

ソラリアステージにある「西鉄縁線駅みやげ」は、「西鉄福岡(天神)駅」構内にある「福岡市観光案内所」から、道路を挟んで向かい側にあります。
そのため、とてもわかりやすい位置にありますし、徒歩で2分程度の距離です。

こちらのソラリアステージにある「西鉄縁線駅みやげ」では、おしゃれで人気の明太子のお菓子やこだわりのお茶なども揃えてあります。
そのため、ちょっとした雑貨なども含めて、手軽にお土産を購入したい方におすすめです。

なお、こちらのソラリアステージにある「西鉄縁線駅みやげ」の営業時間は、AM9:30からPM20:30までと、閉店時間が少し早めであることに注意が必要です。
また、「西鉄福岡(天神)駅」構内には、カフェやランチなどグルメを楽しめるお店もたくさんあります。

もちろん、博多名物の「とんこつラーメン」を食べられるお店もあります。
そのほか、「西鉄福岡(天神)駅」周辺には、観光スポットもたくさんあります。

そんな「西鉄福岡(天神)駅」周辺の具体的な観光スポットは、以下のとおりです。

  • 博多座
  • 福岡タワー
  • 舞鶴公園
  • 大濠公園
  • 東長寺
  • 櫛田神社
  • 「博多町家」ふるさと館

このように、「西鉄福岡(天神)駅」周辺では、観光にぴったりなスポットも目白押しです。

もちろん、「西鉄福岡(天神)駅」周辺ではホテルや駐車場、レンタカーなども充実していますので、観光を楽しむ際にもぴったりな場所であるといえるでしょう。

コメント