借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

借金の問題解決をお急ぎの方はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【最新版】借金の相談を弁護士に無料でできるおすすめランキング公開

債務整理|任意整理・個人再生・自己破産の違いとデメリットは何??

「債務整理」といえば「自己破産」を思い浮かべる人は多いと思いますが、債務整理は大きく分けて3つの方法があります。

 

それが「任意整理」と「個人再生」、「自己破産」です。

 

これらは手続きの方法や借金減額の度合い、手元に残せる財産のレベルが異なります。

 

それぞれにメリットとデメリットがあり、どの債務整理の方法が適しているかは個人の状況によって異なります。

 

ここでは、「任意整理」と「個人再生」、「自己破産」の違いと、メリットとデメリットについて説明します。

 

任意整理とは?

任意整理とは、債権者との話し合いによって債務整理をする方法です。

 

将来利息をカットしたり、借金を一つにまとめたりすることで、債務者が3〜5年で完済できるように債務を減額します。

 

この手続きは裁判所を通さずに借金をしている金融機関と直接交渉するため、複数の貸金業者から借金をしている場合には、全ての会社から了解を得る必要があります。

 

もちろん、手続きを弁護士や司法書士に依頼することは可能です。

 

任意整理はどんな人に向いているの?

任意整理は、継続した収入が見込める人や、借金の総額が比較的少ないケースに適しています。

 

また、任意整理中に、不当に高い金利により貸金業者に多くお金を支払いすぎていたことがわかった場合は、「過払い金請求」をすることができます。

 

この過払い金を残った債務に充当して、債務の減額をすることが可能です。

 

また、過払い金で借金を完済できるケースもあり、余った過払い金を返還請求することもできます。

 

任意整理のメリット

・将来利息が免除されるので、返済が楽になる
・利息制限法の計算により、債務総額が減少する
・保証人付き債務を除外すれば、保証人への影響はない
・取引期間が長ければ、「過払い金」が見つかることがある
・一部の債権者だけ整理するが可能なので、車や住宅などの財産を残せる

 

任意整理のデメリット

・信用情報機関に事故情報が5年間記載される
・車や住宅ローンの審査に通りにくくなる
・奨学金の借り入れができない(特定調停をした本人の申請の場合)
・自己破産や個人再生と比較すると、債務の減額が少ない
・任意整理に応じない貸金業者がいる

 

任意整理と特定調停の違いはなに?

任意整理と特定調停は似ているので、よく比較されますが、この2つの手続きの大きな違いは、過払い金の回収が行われないことです。

 

特定調停は、利息制限法によって減額された債務を3年以内に返済することに合意をする制度にすぎません。

 

また、債権者が同意しなければ調停不成立となるので、他の手続を選択しなければならない可能性があります。

 

特定調停とは、裁判所の手続きを通して債務整理をする方法です。

 

大まかに説明すると、裁判所を利用した任意整理のようなものです。

 

特定調停は、専門的知識がなくても申し立てることが可能なので、自分で手続きをすることできて費用も安くすみます。

 

個人再生(民事再生)とは?

個人再生とは、裁判所の手続きを通して債務整理をする方法です。

 

住宅などの高額な財産を残したまま、大幅に減額された借金を3年〜5年の期間内に分割で支払う再生計画を認めてもらう手続きです。

 

個人再生は、自己破産のように借金返済の義務は免除されません。

 

しかし、自己破産のように財産が処分されることもありません。

 

個人再生には条件があり、将来の収入が見込めない人や、借金総額が5000万円を超える人はこの手続きができません。

 

また、自己破産のように債務整理の理由が問われることがありません。

 

個人再生はどんな人に向いているの?

個人再生は、借金が膨れ上がってしまい返済が困難だけど、処分されたくない住宅などの財産を所有している人に適しています。

 

また、自己破産をすると資格制限を受けることにより一定の職業に就けなくなるので、職業を継続できなくなる人に有効な手続です。

 

個人再生のメリット

・債務が原則5分の1にされるなど、減額の幅が大きい。
(例) 借金1000万円 × 1/5 = 200万円
200万円を3年程度で分割払いすればよい
・自己破産とは違い、住宅などの財産を手元に残せる
・住宅ローン以外の債務を大幅に減額できる
・自己破産のような職業における資格制限がない
・債務整理の理由が浪費などでも、理由を問われず手続きができる

 

個人再生のデメリット

・借金返済の義務は免除されず、返済は継続する
・信用情報機関に事故情報が5年〜10年間記載される
・将来の収入が見込めないと手続きができない
・保証人が返済義務を負う
・「官報」という国が発行する機関紙に破産者として住所氏名が掲載される
(一般人が見ることはほとんどなく、税務署や金融界傾斜、闇金業者などがチェックしていることがある)

 

自己破産とは?

自己破産とは、裁判所の手続きを通して債務整理をする方法です。

 

原則として全ての借金がゼロになります。

 

借金返済の見込みがないこと、すなわち、「支払い不能」が認められると借金を支払う義務がなくなります。

 

「支払い不能」は、債務者の返済額や、収入、資産の状況などから総合的に判断されます。

 

これにより「免責」されると、貸金業者からの取り立てがなくなります。

 

加えて、破産後の収入は自由に使うことができます。

 

自己破産はどんな人に向いているの?

自己破産は、住宅などの高価な財産を所有していない人や、職業や収入が不安定な人に適しています。

 

自己破産で免責されると借金はゼロになりますが、不動産や自動車、預貯金、株式、ゴルフ会員権、生命保険、宝飾品など、99万円を超える現金及び時価20万円を超える財産は、破産管財人により債権者に分配されます。

 

また、自己破産をすると資格制限を受けて一定の期間は職業の制限がありますが、無職の人や転職を繰り返している人にはあまり影響がないでしょう。

 

自己破産のメリット

・借金がゼロになる
・全ての債務の支払い義務が免除される
・個人再生のような借金総額の上限がない
・破産後の収入が自由に使える

 

自己破産のデメリット

・生活に必要な最低限のもの以外は財産を失う
・信用情報機関に事故情報が10年間記載される
・資格制限を受けるので、破産手続き中の一定期間は就けない職業がある
・「免責不許可事由」があり、破産が認められないことがある
・保証人が返済義務を負う
・「官報」という国が発行する機関紙に住所氏名が掲載される

 

まとめ

・「任意整理」は借金の総額が比較的に少なく、収入がある人に適している

 

・「特定調停」は過払い金請求の調停が困難だが、費用が安くて自分で手続き可能

 

・「個人再生」は借金の返済が困難だが、高価な財産がある人に適している

 

・「自己破産」は収入がなく、高価な財産を所有していない人に適している

 

・それぞれの手続きにメリットデメリットがあるので、弁護士などの専門家に相談した方がよい

【最新版】借金の相談を弁護士に無料でできるおすすめランキング公開


あなたが抱えている借金の悩み・・・

「とにかく一日でも早く解決したい!」

と思われていますよね?

その思いを叶えるための一番の近道は、やっぱり
借金の債務整理だと思いませんか?

そのためには、借金問題解決のプロである

法律事務所(弁護士)に相談をしてみることです。

「そもそも債務整理って何?」と思われている方はこちらをご覧ください。

借金問題の解決方法【債務整理】とは?

でも私たち女性が、弁護士に借金問題の悩みを相談をしようと思っても・・・

着手金や弁護士報酬などの費用はどれくらいかかるの?

家族や、周囲にバレないの?

威張ったオジサン弁護士とか、怖い感じの弁護士はイヤ!

こちらの話しや質問を親身になって聞いてくれるの?

借金問題を得意としている弁護士なの?

法律(弁護士)事務所が多すぎてどこに相談すれば良いの?

そのような不安から、

「法律事務所に相談するのは、敷居が高いな〜」

と感じるのではないでしょうか?

そこで、

『女性でも安心して借金問題の相談ができる法律(弁護士)事務所はどこ?』

をテーマに徹底的に調査してみました。

全国に数多くある法律(弁護士)事務所の中から、

厳選したおススメの事務所をランキング形式で紹介していきます。

是非、じっくりとご覧になって「あなたの借金の悩みを解決してくれる法律(弁護士)事務所」をお選びください。


↓以下が、当サイトで厳選なる調査を実施したランキング結果となります。


当サイトのランキングは

【最新版】債務整理おすすめ弁護士(法律事務所)比較一覧

を基に徹底的に分析評価しています。

【最新版】債務整理おすすめ弁護士(法律事務所)比較一覧はこちら


では、以下より第1位から順に法律(弁護士)事務所サイトをご紹介していきたいと思います。





充実した全国対応
東京ロータス法律事務所の所在地は東京なのですが、地方に住んでいる相談者にも弁護士と事務員で出張していくことが多いです。
しかも、債務整理をするうえで、一人ひとりに合った最適な方法を考え、解決させていこうと努力してくれるので、とても安心して相談することができます。

土、日、祝日でも無料相談ができる
「平日はなかなか時間が無くて週末や祝日の休みと時しか落ち着いて連絡ができない!」
という相談者のために土、日、祝日もお問い合わせできるようになっています。
相談はいつでも、何度でも無料で受けることができます。
また、「無料相談会」も全国各地で定期的に開催しています。

リーズナブルな料金なのに分割払い・後払いOK
「対応が良い弁護士事務所は料金がとても高いのでは?」と心配になりますよね?
東京ロータス法律事務所は、対応が良いと人気なのに、他の弁護士事務所の中でも、相場より安い料金になっています。
しかも、依頼者のことを考えて、分割払いはもちろん、後払いや、過払い金が戻ってくればその中から支払うこともできます。



相談実績の豊富さと債務整理の専門性
東京ロータス法律事務所の代表、岡田優仕弁護士は、昭和44年に弁護士になってから約50年近くのキャリアがあります。
債務整理や倒産、破産などを得意分野としていて、現在、「債務整理」には特に力を入れて取り組んでいるそうです。
毎月約1,000件の相談があり、とても人気のある法律事務j所だと言えます。

徹底した秘密厳守
相談者が希望すれば、匿名でもメール相談ができるので、「債務整理をしようか迷っているので、まずは専門家の話しを聞いてみてから検討したい!」という方も、気軽にメールで相談できますよね。
また、実際に依頼する場合でも、連絡方法を局留めにしてくれたり、家族などに知られずに債務整理を済ませることもできます。

債務整理後も安心のサポート体制
「任意整理」や「個人再生」で債務整理をおこなった後は、減額した金額を債権者に払っていくことになりますが、東京ロータス法律事務所が依頼人に代わって「代理返済」のサポートをおこなってくれるので、債務整理後の精神的な負担もかなり無くすことができます。

ヤミ金の相談・依頼もOK
「債務整理」に強い法律事務所でも、「ヤミ金」の相談や依頼は断られることが多いのですが、東京ロータス法律事務所は、「債務整理」と「ヤミ金」どちらも相談・依頼を受けてもらえるので、すごく心強いですね。



依頼を受けられないケースがある
・本人(債務者)以外の方からの依頼
*依頼するまでの相談は、本人(債務者)以外の方でもOK
・個人間での借金の相談
・債務整理の依頼を、他の法律事務所や法務事務所、法テラスなどに依頼している
・「借金の差し押さえの解除だけして欲しい」という相談
・借金の差し押さえが既に決定している

このようなケースは、残念ですが依頼を受けてもらうことができません。

裁判になると、時間と費用が大幅に広がる
借金をしている業者から裁判に訴えられてしまうと、債務整理の手続きは裁判が終わるまではできなくなってしまいます。
そのため、裁判中の時間と費用が余計にかかってしまうことに。
このことは、どの法律事務所でも同じことなので、訴状や督促状などが届いてしまう前に、一刻も早く債務整理の手続きをおこなう必要がありますね。



当サイトが東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)を特におすすめする理由は、やっぱり債務整理の経験が豊富なうえに、代表の岡田優仕弁護士がとにかく親身に相談を受けてくれ、対応がとても丁寧だと評判だからです。
しかも、普通の弁護士事務所だと断られてしまう、ヤミ金の相談・対応もOKなので、借金で悩まれている方にはとても心強いと感じるのではないでしょうか?






ベテラン女性弁護士が在籍
サンク総合法律事務所の唯一の特徴が、女性弁護士(現在2名)が在籍しているということです。
「男性弁護士だと相談しづらい・・・」そう思われている女性の方も多いのではないですか?
そのような方は、事前に女性弁護士を希望すれば対応してもらえるので、とても安心して相談できますよね。

相談者ひとりひとりに誠心誠意の対応
サンク総合法律事務所は、月600件以上の相談実績がある中で、ただ相談件数を事務的にこなすのではなく、一人ひとり誠意を持って丁寧に対応することを心がけているそうです。

アットホームな雰囲気の事務所
ご自身の借金の問題を相談する法律事務所が、対応が悪く、雰囲気の悪いところだったらどうしますか?
借金の相談をすること自体が苦痛になりますよね?
サンク総合法律事務所は、「アットホームな雰囲気」だということで有名です。
事務所の全員が明るく爽やかに対応していて、とても雰囲気が良いと感じることができるはずです。



初期費用が用意できなくても大丈夫
「借金のことで相談するのに、初期費用なんて用意できない・・・」と思われていませんか?
初期費用を用意できないがために借金の問題を解決できないのでは意味がありませんよね。
サンク総合法律事務所は、初期費用が0円で分割払いにも対応しているので、借金問題を抱える方にはとても良心的に感じられるのではないでしょうか。

督促の即日ストップも可能
今現在も、借入業者からの督促連絡がエンドレスにあって、精神的に追い込まれて、もうんざりされていませんか?
サンク総合法律事務所では、依頼されるとこの督促もすぐにストップできます。

無料相談で24時間365日全国対応
「借金のことですごく悩んでいるけど・・・近くに債務整理に強い法律事務所が無いし、昼間に事務所に出向いて行ったり、電話をしたりできない・・・」
そのような方には、「無料相談で24時間365日全国対応」は、とても安心できる対応ですよね。

実は、最近では、借金で悩む方がメールで相談する方法がすごく増えてきているのです。
それは、電話や対談で相談するよりメールの方が、相談した内容や弁護士からの話しの内容で、忘れてしまったことや解りにくかったことを、後で何度も確認することがでるからなのです。



依頼を受けられないケースがある
・個人間での借金の相談
・債務整理の依頼を、他の法律事務所や法務事務所、法テラスなどに依頼している
・「借金の差し押さえの解除だけして欲しい」という相談
・借金の差し押さえが既に決定している
・ヤミ金や税金の滞納の相談

このようなケースは、残念ですが依頼を受けてもらうことができません。

手続きのスピードが遅い
「手続きのスピードが遅いって・・・怠慢???」と感じられる方もいるとは思いますが、決して怠慢などではありません。
サンク総合法律事務所では、手続きのスピード自体は遅くはないのですが、相談者一人ひとりと真剣に向き合って借金問題の解決に取り組んでいくので、納得のいくまで話し合ったうえで手続きを始めるそうなので、「そんなに話しを聞かなくて良いから、とにかく早く手続きをして!」という方には満足度は低いかもしれませんね。



サンク総合法律事務所は、実績件数と対応スピードの評価が低かったのですが、それは、先ほどデメリットでも挙げた通り、相談者一人ひとりが納得のいくまで話し合ったうえで対応しているので、相談者1人にかける時間は他の事務所より長くなってしまうからなのです。
効率化を考えると、相談者一人ひとりに深く対応できない中で、サンク総合法律事務所では、「相談者の借金問題を本当の意味での解決したい!」という思いで対応しているそうです。
事務的に手続きを進めて、「本当に大丈夫かな・・・」と不安を感じる法律事務所より、そのような思いを持った法律事務所に相談できたら安心ですよね。






自己破産と個人再生が得意
名村法律事務所は、債務整理の中で自己破産と個人再生を最も得意としています。

25年以上の実績
名村法律事務所の名村泰三弁護士の経歴は、東大法学部を卒業していて、弁護士として25年の実績をがあります。
しかも、職員が全員債務整理に慣れたベテランばかりなので安心して相談できそうですよね。



料金の安さは弁護士業界トップクラス
「とにかく料金が安くて借金の悩みを解消させたい!」と思われているのであれば、村法律事務所はおススメです。
弁護士事務所の中でも、名村法律事務所は、債務整理(特に任意整理と自己破産)料金の安さがすごく評判なのです。
しかも、料金は分割払いも可能なので、金額的な面ではすごく良心的な法律事務所ですよね。

地方への出張面談もOK
名村法律事務所は、東京都に事務所があります。
「じゃあ、地方に住んでる私は相談や依頼ができないじゃない・・・」と思われますよね。
でも安心してください。
名村法律事務所は、実際に相談者と弁護士が顔を合わせて対話をすることを大切にしているのです。
そのことから、地位に住んでいる方でも必要であれば出張面談をおこなってくれます。
また、前もって予約が取れれば何度でも面談が可能なので、地方に住んでいたとしても何の問題もありません。



依頼を受けられないケースがある
・個人間での借金の相談
・債務整理の依頼を、他の法律事務所や法務事務所、法テラスなどに依頼している
・「借金の差し押さえの解除だけして欲しい」という相談
・借金の差し押さえが既に決定している
・ヤミ金や税金の滞納の相談
・本人以外の借金で最終的に本人の意思確認ができないもの

このようなケースは、残念ですが依頼を受けてもらうことができません。

債権者の数が多くなると料金が高額になることも
名村法律事務所は他の法律事務所と比べてみても「料金が安い」と評判なのですが、これにはデメリットが含まれています。
それは、債権者数が1件毎に5千円の諸費用が発生するので、借金をした業者の数が多い方には事務所より高額になってしまうこともあるので注意してください。



名村法律事務所をおすすめするポイントは、25年の実績と他の法律事務所と比べても料金が明朗会計で安いところです。
相談は何度でも無料なので、「実績にかかる費用は?」「任意整理、個人再生、自己破産・・・何がイチバン良いの?」等の疑問を全てクリアにした状態で依頼できるので、まずは無料相談から始めてみてはいかがですか。






闇金対応に強い
Duelパートナー法律事務所の一番の特徴は、30年も前から闇金対応に着手していることです。
闇金業者の悪質な手口を細かく把握していて、「ヤミ金バスター」とも呼ばれています。
闇金対応だけで見れば、絶対におすすめしたい法律事務所だと断言できます。

女性専用窓口がある
債務整理の相談では、女性のために専用の窓口があって、在籍している女性スタッフが親身になって対応してくれます。
男性と違い同じ女性視点での配慮があるので、女性にとっては安心して相談できますね。

Duelパートナー法律事務所の弁護士は超エリート
Duelパートナー法律事務所の正野 嘉人(しょうの よしと)代表弁護士は、なんと東大法学部在学中に司法試験に合格した超エリートなのです。
実績もある超エリート弁護士に借金や闇金の悩みを相談できるなら、とても心強く感じますよね。



解決後の生活も考えたアフターフォロー
Duelパートナー法律事務所では、対応が業務的にならないように、相談者一人一人の悩みを親身に聞き、悩みの解消方法を提案するというスタンスを心がけて運営しているそうです。
ただ、債務整理を対応してくれる弁護士より、とても信頼できると感じますよね。

土日夜間24時間無料相談受付
Duelパートナー法律事務所では、専用サイトを設けて、平日はもちろん土日の夜間でも24時間無料で相談できます。
「平日や昼間はどうしても相談することができない・・・」と悩まれている方にはとても利用しやすいサービスですね。



依頼を受けられないケースがある
・武富士に関する相談のみの場合(武富士は倒産したため介入できない)
・時効になったもの(最後の返済や取引から10年経過していれば時効)
・本人以外の借金で最終的に本人の意思確認ができないもの
・海外、離島などの面談が困難な申込み
・過払い請求ですでに時効になっている案件(最後の返済から10年)
・債務整理、自己破産後の過払い請求

このようなケースは、残念ですが依頼を受けてもらうことができません。

料金が多少高めに感じる
Duelパートナー法律事務所は、弁護士の経験値も高く、対応にも問題ないと思いますが料金は他の法律事務所と比較しても多少高めに感じます。



Duelパートナー法律事務所は、もちろん債務整理の対応もしっかりおこなってくれるのですが、正野 嘉人(しょうの よしと)代表弁護士の闇金対応の実績と経験から、闇金対応のスペシャリストという印象がとても強く感じられます。
闇金の悩みであれば、Duelパートナー法律事務所がおすすめランキング1位は間違いありません。


以上、如何でしたでしょうか。

当サイトのランキングは、『女性でも安心して借金問題の相談ができる法律(弁護士)事務所』にフォーカスして調査したので、かなり自信をもっておススメできます。

あなたの多重債務問題を一日も早く解決して、借金に悩む生活から抜け出せることを心からお祈りしています。