借金返済|債務整理|相談無料|弁護士

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【最新版】債務整理おすすめ弁護士(法律事務所)比較ランキング公開

【女性の悩み】借金があると離婚時に親権を獲得することはできない!?

 

借金を作ったのは自分だから、大抵のことは我慢できるけれど、どうしても譲れないという女性の声をよく聞くのが、「離婚の時の親権問題」。

 

借金があると親権が取れないのでは?

 

と心配される声をよく聞きますが、結論からいうと、借金問題は親権にはそこまで影響しません。

 

でも場合によっては借金が夫に親権を取られてしまう原因になることもあります。

 

ではどういう場合に親権を取られてしまうのでしょうか?

 

今回は必ず親権を取りたい貴方の希望を叶えるための最善策について一緒に考えていきます。

 

親権が争われるのはどういう時?

そもそも、離婚の際に親権が争われるのはどういう時なのでしょうか?

 

親権とは

親権とは、未成年の子供を監護、養育し、その財産を管理し、その子供の代理人として法律行為をする権利や義務のことです。

 

親権の決め方

親権の決め方は、離婚の仕方によって大きく影響します。

 

離婚のパターンを紹介します。

 

協議離婚

協議離婚とは、その名の通り、協議(話し合い)をして離婚を決めることです。

 

夫婦2人で話し合い、第三者を介さずに、比較的円満に離婚する場合です。

 

子供がいる場合、離婚届に親権者の名前を書かないといけないので、話し合いで親権者が決まった場合は、離婚届に記入して提出すれば離婚成立です。

 

日本における離婚の9割が協議離婚です。

 

調停離婚

調停離婚とは、夫婦の話し合いでは離婚できないケースです。

 

協議離婚ができなかった場合に進みますが、これは調停人という第三者が介入して、さらに離婚について協議をするというものです。

 

調停人を入れて作られた調停証書には、親権や養育費、慰謝料などの取り決めが書かれた調停証書が作成されます。

 

裁判離婚

協議でも調停でも離婚が決まらなかった場合、(親権者が決まらなかった場合)裁判になります。

 

裁判になると、親権を取るべきなのはどちらかというのを争点に、お互いの言い分をぶつけある「戦い」になります。

 

 

調停証書や離婚裁判の結果は絶対なので、借金が親権に影響するのかどうか気になっている女性の方は、調停か裁判で子供を取られるのではと心配されているのではないでしょうか。

 

では離婚の際に借金があると親権が取れないなんてことはあるのでしょうか?

 

借金があると親権が取れない?

日本では、子供の親権は子供の幸せを最優先にして考えられます。

 

具体的には以下のような点がポイントです。

 

これまでの子供の状況(子供の環境を変えるリスクを考え、これまで同居していた人が悠利になる可能性が高いです)

 

子供に対する愛情(これまでに子供と接してきた時間の長さなど)

 

肉体的・精神的に健康であること

 

子供の年齢(乳児・幼児など子供が幼い場合、親権は母親に有利になるケースがあります)

 

子供の意思(子供が15歳以上の場合、子供の意思が尊重されることがあります)

 

育児に時間をかけられるか。(貴方自身が育児をする時間があるか、または貴方の育児をサポートする人がいるか)

 

経済的に余裕があるか

 

上から順にチェックした貴方は、最後の項目に不安を感じたかもしれません。

 

親権を取るのは経済力がある方がいいという原則がありますが、男女の収入格差は非常に大きいのが現状。

 

ほとんどの夫婦が夫の方が経済的に安定しています。

 

それなのに実際8割から9割のケースで女性が親権を獲得しているんです。

 

借金があっても、他の部分で子供との関係や愛情をアピールすることができれば、貴方が親権を持つことは難しいことではありません。

 

貴方が親権を取るためにはどんなことをアピールすればいいのか、そのアドバイスをしながら、借金解決へ導いてくれる場所があります。

 

新しい人生を始めるために弁護士に借金問題を相談すべき理由

貴方が今もし借金を抱えていて、離婚を考えているのであれば、迷わず弁護士に相談すべきです。

 

貴方の抱えている「離婚」と「借金」の問題のプロフェッショナルが弁護士だからです。

 

弁護士に今の貴方の状況を事細かに話してみてください。

 

親権についての相談も、借金についての相談も、最初の相談を無料で行っている事務所はたくさんあります。

 

弁護士は、そう言ったケースを毎日扱っているので、どうすれば貴方の問題が最も簡単に片付くかを教えてくれます。

 

親権を取ることがゴールではありません。

 

貴方が借金を抱えた状態で子育てをするのはやはり大変なことです。

 

借金問題は早めにクリアにするのが安心です。

 

また、調停離婚でも弁護士に相談する方が有利な調停証書を得られる可能性があります。

 

調停証書には、親権の他に「慰謝料」や「養育費」についても書き込まれます。

 

貴方とお子様の未来に少しでもゆとりを持つために、弁護士に相談することを強くお勧めします。

 

まとめ

 

・親権は話し合いの協議離婚と、第三者を交えた話し合いの調停離婚、または裁判所を通した裁判離婚で決まる

 

・経済的余裕は親権を決める要素ではあるがそれほど大きくない

 

・借金以上にアピールできることを見つける必要がある

 

・日本では、8から9割で女性が親権を獲得している

 

・離婚と借金問題両方についてプロの立場で助けてくれるのが弁護士である