借金返済|債務整理|相談無料|弁護士

>>法律(弁護士)ランキングの詳細はこちら

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

【女性の悩み】借金があると離婚時に親権を獲得することはできない!?

 

借金を作ったのは自分だから、大抵のことは我慢できるけれど、どうしても譲れないという女性の声をよく聞くのが、「離婚の時の親権問題」。

 

借金があると親権が取れないのでは?

 

と心配される声をよく聞きますが、結論からいうと、借金問題は親権にはそこまで影響しません。

 

でも場合によっては借金が夫に親権を取られてしまう原因になることもあります。

 

ではどういう場合に親権を取られてしまうのでしょうか?

 

今回は必ず親権を取りたい貴方の希望を叶えるための最善策について一緒に考えていきます。

 

親権が争われるのはどういう時?

そもそも、離婚の際に親権が争われるのはどういう時なのでしょうか?

 

親権とは

親権とは、未成年の子供を監護、養育し、その財産を管理し、その子供の代理人として法律行為をする権利や義務のことです。

 

親権の決め方

親権の決め方は、離婚の仕方によって大きく影響します。

 

離婚のパターンを紹介します。

 

協議離婚

協議離婚とは、その名の通り、協議(話し合い)をして離婚を決めることです。

 

夫婦2人で話し合い、第三者を介さずに、比較的円満に離婚する場合です。

 

子供がいる場合、離婚届に親権者の名前を書かないといけないので、話し合いで親権者が決まった場合は、離婚届に記入して提出すれば離婚成立です。

 

日本における離婚の9割が協議離婚です。

 

調停離婚

調停離婚とは、夫婦の話し合いでは離婚できないケースです。

 

協議離婚ができなかった場合に進みますが、これは調停人という第三者が介入して、さらに離婚について協議をするというものです。

 

調停人を入れて作られた調停証書には、親権や養育費、慰謝料などの取り決めが書かれた調停証書が作成されます。

 

裁判離婚

協議でも調停でも離婚が決まらなかった場合、(親権者が決まらなかった場合)裁判になります。

 

裁判になると、親権を取るべきなのはどちらかというのを争点に、お互いの言い分をぶつけある「戦い」になります。

 

 

調停証書や離婚裁判の結果は絶対なので、借金が親権に影響するのかどうか気になっている女性の方は、調停か裁判で子供を取られるのではと心配されているのではないでしょうか。

 

では離婚の際に借金があると親権が取れないなんてことはあるのでしょうか?

 

借金があると親権が取れない?

日本では、子供の親権は子供の幸せを最優先にして考えられます。

 

具体的には以下のような点がポイントです。

 

これまでの子供の状況(子供の環境を変えるリスクを考え、これまで同居していた人が悠利になる可能性が高いです)

 

子供に対する愛情(これまでに子供と接してきた時間の長さなど)

 

肉体的・精神的に健康であること

 

子供の年齢(乳児・幼児など子供が幼い場合、親権は母親に有利になるケースがあります)

 

子供の意思(子供が15歳以上の場合、子供の意思が尊重されることがあります)

 

育児に時間をかけられるか。(貴方自身が育児をする時間があるか、または貴方の育児をサポートする人がいるか)

 

経済的に余裕があるか

 

上から順にチェックした貴方は、最後の項目に不安を感じたかもしれません。

 

親権を取るのは経済力がある方がいいという原則がありますが、男女の収入格差は非常に大きいのが現状。

 

ほとんどの夫婦が夫の方が経済的に安定しています。

 

それなのに実際8割から9割のケースで女性が親権を獲得しているんです。

 

借金があっても、他の部分で子供との関係や愛情をアピールすることができれば、貴方が親権を持つことは難しいことではありません。

 

貴方が親権を取るためにはどんなことをアピールすればいいのか、そのアドバイスをしながら、借金解決へ導いてくれる場所があります。

 

新しい人生を始めるために弁護士に借金問題を相談すべき理由

貴方が今もし借金を抱えていて、離婚を考えているのであれば、迷わず弁護士に相談すべきです。

 

貴方の抱えている「離婚」と「借金」の問題のプロフェッショナルが弁護士だからです。

 

弁護士に今の貴方の状況を事細かに話してみてください。

 

親権についての相談も、借金についての相談も、最初の相談を無料で行っている事務所はたくさんあります。

 

弁護士は、そう言ったケースを毎日扱っているので、どうすれば貴方の問題が最も簡単に片付くかを教えてくれます。

 

親権を取ることがゴールではありません。

 

貴方が借金を抱えた状態で子育てをするのはやはり大変なことです。

 

借金問題は早めにクリアにするのが安心です。

 

また、調停離婚でも弁護士に相談する方が有利な調停証書を得られる可能性があります。

 

調停証書には、親権の他に「慰謝料」や「養育費」についても書き込まれます。

 

貴方とお子様の未来に少しでもゆとりを持つために、弁護士に相談することを強くお勧めします。

 

まとめ

 

・親権は話し合いの協議離婚と、第三者を交えた話し合いの調停離婚、または裁判所を通した裁判離婚で決まる

 

・経済的余裕は親権を決める要素ではあるがそれほど大きくない

 

・借金以上にアピールできることを見つける必要がある

 

・日本では、8から9割で女性が親権を獲得している

 

・離婚と借金問題両方についてプロの立場で助けてくれるのが弁護士である

 

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? おすすめランキングを公開!

 

あなたが抱えている借金は、法律事務所に相談をすることが借金の問題を解決の一番の近道です。

 

でも私たち女性が、弁護士に債務整理の相談をしようと思っても、なかなか最初の一歩が進みませんよね?

 

債務整理の着手金などの費用はどれくらいかかるの?

 

家族や、周囲にバレないの?

 

威張ったオジサン弁護士とか、怖い感じの弁護士はイヤ!

 

こちらの話しや質問を親身になって聞いてくれるの?

 

債務整理を得意としている弁護士なの?

 

そのような不安から、法律事務所というのは敷居が高いと感じると思います。

 

そこで、『女性が安心して債務整理の相談ができる弁護士はどこなのか?』をテーマに調査してみました。

 

その調査した内容から、債務整理でおすすめの弁護士ランキングを公開いたします。

 

※※※ 債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士ランキングは、『【債務整理】弁護士 比較一覧』を基に徹底的に分析評価しています。※※※

 

女性が選ぶ債務整理の弁護士ランキング

 

サンク総合法律事務所

親切対応 費 用 専門性 実 績 秘密厳守
総合評価 総合得点
100点満点!!

【メリット】

  • 債務整理の「任意整理、個人再生、自己破産、過払金請求」全ての案件を専門としていて、月600件以上の案件を扱う『債務整理のプロフェッショナル集団です。
  •  

  • サンク総合法律事務所には、『浅海菜保子さん』という女性弁護士が在籍しているので、「繊細な悩みにも、共感してもらえて安心した」と評判で、他の弁護士事務所と比べても、女性利用者満足度が非常に高いです。
  •  

  • 「満足度の高い対応なのに、費用が安い!」という依頼者の声が多く、しかも、「弁護士費用が用意できない…」という方のために、分割払いや後払い等、柔軟に対応してくれます。
  •  

  • 「家族や周囲に知られたくない!」等、様々な事情や要望をしっかり聞いたうえで、最適な借金解決方法をお答えてくれます。

【デメリット】

  • 悪い点は特に見当たりませんでした。

≪公式サイト≫

サンク総合法律事務所

 

リヴラ総合法律事務所

親切対応 費 用 専門性 実 績 秘密厳守
総合評価 総合得点
90点

【メリット】

  • 他の訴訟も取り扱っていますが、現在は債務整理に力を入れているとのことで、取扱い実績も通算1,000件以上と、ここ数年間で増えてきています。
  •  

  • 『女性専用相談窓口』が用意されていて、女性スタッフが対応してくれるので、「男性に相談するのはちょっと・・・」という方でも安心して相談できます。
  •  

  • 相談料等の初期費用が無料で、着手金や基本報酬、成功報酬などの費用も『分割払いOK』なので、用意できるお金がない場合も安心して相談・依頼ができます。
  •  

  • 遠方に住んでる相談者のために、事務所のスタッフが『主要都市』まで出向いてくれる、全国対応の『出張面談サービス』があるので、わざわざ事務所に行く必要がなく、近場で面談ができます。

【デメリット】

  • 在籍弁護士が1人だけで、債務整理以外の訴訟も取り扱っているということなので、債務整理専門の弁護士というわけではありません。
  •  

  • 費用は、他の法律事務所と比べてみても決して安くはありませんが、費用の問題だけに拘ってしまうと、「安かろう悪かろう」の弁護士に当たってしまう可能性もあるので注意が必要です。

≪公式サイト≫

伊藤法律事務所

 

サルート法律事務所

親切対応 費 用 専門性 実 績 秘密厳守
総合評価 総合得点
85点

【メリット】

  • 『個人再生・自己破産』の裁判系債務整理を得意としています。
  •  

  • 経歴39年の経験と実績がある債務整理専門の腕利き弁護士が在籍し、担当が変わることなく最初から最後まで対応をしてくれます。
  •  

  • 債務整理前に、無料相談で不安を無くして納得した上で依頼をすることができます。
  •  

【デメリット】

  • 経験と実績はありますが、『女性専用』の対応はありません。
  •  

  • 得意としている『個人再生・自己破産』は、支払う費用が他の法律事務所より多少高めになっていますが、費用の問題だけに拘ってしまうと、「安かろう悪かろう」の弁護士に当たってしまう可能性もあるので注意が必要です。
  •  

  • 費用の分割はOKですが、後払いはできないようになっています。

≪公式サイト≫

弁護士法人RESTA法律事務所

 

いかがでしたでしょうか?

 

債務整理の相談をするうえで、参考になったでしょうか?

 

各法律事務所のメリット・デメリットを含めお伝えしましたが、当サイトで挙げたどの法律事務所も相談者の満足度が非常に高いのです。

 

また、それらの法律事務所は、対応地域が限定されていないので、あなたが全国どこに住まれていても対応が可能です。

 

しかも、どの法律事務所も、無料でメールでの相談から始められるので、安心して相談できますよね。

 

まずは、無料相談をメールからやってみては如何でしょうか。

 

≪弁護士ランキング番外編≫
今回、当サイトでの「債務整理」の弁護士おすすめランキングには入りませんでしたが、決して評価の低くなかった律事務所を番外編としてご紹介させていただきます。その法律事務所は、アディーレ法律事務所、岡田法律事務所、ジャパンネット法務事務所、東京ロータス法律事務所です。