借金返済|債務整理|相談無料|弁護士

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【最新版】債務整理おすすめ弁護士(法律事務所)比較ランキング公開

借金の踏み倒しはできる!?〜住所変更をせず5年間逃げ切れば時効?

 

どんなにたくさん借金をしても、ある程度の時間が経てば時効が成立し、借金の返済義務がなくなる・・・。

 

こんな都合のイイ話があるわけないと思われるかもしれませんが、「借金の時効」は存在します。

 

そして、5年から10年の時効が成立すれば、その借金は、1円でも1億円でも、返済する義務がなくなります。

 

でも、時効を成立させるためには法律上、必要な条件を全てクリアする必要があります。

 

その上、貸金業者はもちろん、あの手この手で時効が成立しないように動いて来るので、精神的にも非常に負担がかかります。

 

今回は、借金の時効を成立させるための条件やポイント、注意点を解説していきます。

 

借金の時効って何?時効が過ぎると返済しなくていいの?

刑事事件と同じように、借金にも時効が存在します。

 

借金を返す期間である弁済期、または最後の返済から一定の期間が経過すると、消滅時効が成立します。

 

時効までの期間はお金を借りた相手によって異なります。

 

消費者金融や銀行などから借りた場合・・・5年

 

友人や知人、家族、信用金庫から借りたり、住宅ローンの場合・・・10年

 

相手が貸金業を営む「商人」であるかがポイントです。

 

銀行や、消費者金融は「商人」となり5年、友人や信用金庫は「商人」ではないので、時効は10年になります。

 

ただ、いつを起点に時効までカウントするかという計算は、法の知識のない一般人にとっては非常に難しく、一歩間違うと時効が一からカウントし直しになったり、裁判になったりしてしまいます。

 

借金の問題は弁護士事務所に任せることを強くお勧めします。

 

時効を成立させるためのステップ

時効を成立させるためには二つの条件をクリアする必要があります。

 

5年(または10年)以上、一切借金を返済しない

 

『時効の援用』を行う(時効制度を利用して借金の消滅を宣言すること)

 

つまり、借りた相手が商人かどうかによって、5年か10年全く借金をせずに、時間が経ったら「時効なので借金の返済義務がなくなりました」と、消費者金融や銀行に宣言すれば、時効は成立します。

 

とても簡単のように感じるかもしれませんが、実際はもちろん簡単ではありません。

 

お金を借りた人がみんな時効を主張していたら、貸金業者はみんな廃業しているはずです。

 

貸金業社はあらゆる手段を使って、時効の成立を阻止、中断しようとしてきます。

 

例えば次のような手段で時効の成立が中断されたり、延期されたりすることがあります。

 

 

 

請求

 

貸金業社が借金をしている人に対して、借金を返すよう、法的な手段を通じて請求してくることです。

 

民事裁判も含まれますが、ほとんどの場合、簡単な「支払い督促の申立」が行われています。

 

もし民事裁判を起こされた場合、訴状が提出された時点から時効は中断され、判決が確定すると今まで積み重ねた時効は0になり、時効を成立させるにはまた1から時間をかけなければいけません。

 

また、裁判所から出廷の手紙が届いているのに出廷しなかった場合は、欠席裁判となり貸金業社の言った通りの判決がおります。

 

その場合は時効が5年から10年に延長されてしまいます。

 

差し押さえ

返済が滞納されると、貸金業社は債権者の給料や収入を差し押さえすることができるようになります。

 

差し押さえや、仮差し押さえをされただけで、時効は中断されてしまいます。

 

返済義務があることを認めさせる

毎日毎日電話がかかってきても、あなたはとにかく時効が成立するまで無視しなければいけません。

 

電話に出て、「あなたは借金がありますね?」「はい」という会話をしてしまったり、「明日返します」と言ってしまったり、例えば「1,000円だけでも払ってください」と言われて1,000円払ってしまうとそれで借金があることを認めたとみなされ、時効の援用はできなくなってしまいます。

 

借金の問題はプロに相談するのがやっぱり安心?

今のあなたの状況はどうなっているでしょうか?

 

借金が多すぎて首が回らない

 

無視し続けて数年経った貸金業社から久しぶりに督促連絡が来た

 

かなり昔にどこに何件かも分からないくらい借金をしていたが、新しくローンが組めなくて困っている

 

取り立てから逃れるために引っ越しをして住所を変えたのに、住民票を写したらまた取り立てが始まった

 

などなど様々な状況にあると思われます。

 

まず、今のあなたの状況を判断し、このまま時効を援用するのか、それとも債務整理をするのかなどを弁護士と相談して結論を出すのが得策です。

 

お金のプロに相談して、全ての借金を洗いざらい解決しませんか?

 

もう取り立てから逃げたり、ローンが組めなくて困るような人生はやめて、スッキリ解決して新しい人生を歩んではいかがでしょうか?

 

実は債務整理を行う方があなたにとって負担が少なく、場合によっては過払い金が発生して、踏み倒す必要もないくらいお金が帰ってくることもありえるのです。

 

まとめ

・借金を踏み倒すことは可能

 

・借金の時効は5年から10年

 

・時効成立までに裁判を起こされたり、差し押さえされることがある

 

・引っ越し後新居に住民票を移せば、業者に住所がバレるため住民票は移せない

 

・弁護士に相談すれば返済の相談に乗ってくれる上、一番負担が少ない方法で解決してくれる