借金返済|債務整理|相談無料|弁護士

>>法律(弁護士)ランキングの詳細はこちら

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

【注意!】個人同志のお金の貸し借りに『借金返済の時効』は無い!?

 

借金に時効が存在するということは、多くの人が知っているかもしれませんが、この時効は、個人間の借金にも存在します。

 

個人間の借金返済の時効は10年、10年逃げ切れば返済の義務は消失します。

 

しかし、個人間の借金で、時効の制度を利用し、借金を帳消しにする場合は、消費者金融や銀行から借金した場合よりも多くの問題が生じます。

 

今回は、個人同士の借金の問題を最も穏便に解決する方法をご紹介していきます。

 

個人間の借金は10年逃げ切れればぜったいに時効?

借金には時効が存在します。

 

借りた相手が消費者金融や銀行といった「商人」だった場合、その時効は5年で成立し、相手が友人や知人、家族や親戚などという「個人」の場合、借金の時効は10年で成立します。

 

時効を成立させるためには、10年の間一度も返済を行わず、借金の存在を認めないことが必要です。

 

1円でも返してしまったり、「来月返すから」などと説明をすると、借金の存在を認めたことになり、たとえそれまで9年無視していたとしても、その時点で時効は消滅、また1からカウントし直しになってしまいます。

 

さらに、10年無視し続ければ勝手に時効が成立するというわけではなく、10年無視した後に「時効の援用」を行う必要があります。

 

時効の援用とは、内容証明郵便などを使用して「10年経過したので時効の制度を利用して借金の無効を宣言します」と相手に知らせる必要があります。

 

10年無視した挙句、こちらから突然連絡して「あなたに10年前にした借金は時効です」とこちらから宣言するなんて、やはり人として抵抗があるという方もいるでしょうし、なんとなく、うやむやにするより確実に相手との関係は修復不可能になることは避けられません。

 

個人間のお金の貸し借りがあっても債務整理は可能?

時効の援用を行い、借金をチャラにすることは、法律的に可能ですが、相手は貸金業のプロではないので、相手からの取り立てを止めることはできない可能性が高いです。

 

ただ、弁護士に介入してもらうことによって、お金を貸してくれた人に借金の減額をお願いするなど債務整理を行うことは可能です。

 

もし、業者などからも借金をしている場合は、弁護士に依頼することで業者の借金を減額したり、支払いの延期をお願いしつつ、個人間の借金だけは少しずつでも返し続けることが可能です。

 

一度はあなたを信頼し、お金を貸してくれた人を裏切るよりも、借金を減らせる部分は減らし、個人間の借金は少額ずつでも返済を続けていく方が良いのではないでしょうか?

 

個人間の借金の注意点と解決方法

個人間の借金は正式な契約書や借用書がなくても法的に返済が必要

そもそも、個人間の借金は正式な契約書や借用書を作っていない場合も多く、口約束で借金をしているケースも多いので、法的に返済する義務がないと勘違いされている債務者の人も多いですが、これは間違いです。

 

個人間の借金は、たとえそれが口約束や簡単なメモのようなものでも、返済の義務が発生します。

 

債務整理をしても個人からの取り立ては止められない

消費者金融や銀行から借金をした場合と、個人から借金をした場合では、債務整理を行った後の取り立てに大きな違いが生まれます。

 

業者からの借金の場合は、弁護士に委任した時点から、借金の取り立てや督促が一旦止まります。

 

これは貸金業法で、弁護士を通して債務整理をした債務者に業者から直接コンタクトを取ることが禁止されているからです。

 

しかし、貸金業法は、個人間の借金には適用されないので、弁護士が介入した後も、債権者から直接、借金をしている債務者に連絡がくる可能性があります。

 

個人から取り立てが止まらない場合も弁護士の介入が有効

「債務整理をしても取り立てが止まらないのであれば、弁護士に相談してもしょうがない!」と思われるかもしれませんが、個人間の借金問題こそ弁護士に委任するメリットがあります。

 

債務整理を初めても取り立てや督促が止まらない場合は、弁護士が根気よく貸した相手と交渉してくれます。

 

弁護士は交渉が専門なので、大抵の場合は取り立てが止まります。

 

しかし、もし相手が悪質だった場合、「弁護士が介入したことで借金が帳消しになってしまう!」と焦るあまり、さらに強引な取り立てに走るケースも稀に起こります。

 

そのような場合でも、弁護士から裁判所に接近禁止命令を出してもらうことで悪質な取り立てをやめてもらうことが可能です。

 

まとめ

 

・個人間の借金は10年の時効が存在する

 

・10年間一度も返済せず、債務の存在を認めない必要がある

 

・10年が経過したら内容証明郵便で「時効の援用」を行う

 

・時効によって法的に返済の義務がなくなっても、個人間の蟠りは残る

 

・個人間の借金問題でも、債務整理によって円満に解決できる可能性がある

 

・弁護士が個人の間に入り、取り立てをやめてくれるよう交渉できる

 

・最悪の場合、弁護士から裁判所に接近禁止命令の申し立てを行うことができる

 

この記事を読まれた人はこちらの記事も読まれています

借金の踏み倒しはできる!?〜住所変更をせず5年間逃げ切れば時効?

 

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? おすすめランキングを公開!

あなたが抱えている借金は、法律事務所に相談をすることが借金の問題を解決の一番の近道です。

 

でも私たち女性が、弁護士に債務整理の相談をしようと思っても、なかなか最初の一歩が進みませんよね?

 

債務整理の着手金などの費用はどれくらいかかるの?

 

家族や、周囲にバレないの?

 

威張ったオジサン弁護士とか、怖い感じの弁護士はイヤ!

 

こちらの話しや質問を親身になって聞いてくれるの?

 

債務整理を得意としている弁護士なの?

 

そのような不安から、法律事務所というのは敷居が高いと感じると思います。

 

そこで、『女性が安心して債務整理の相談ができる弁護士はどこなのか?』をテーマに調査してみました。

 

その調査した内容から、債務整理でおすすめの弁護士ランキングを公開いたします。

 

※※※ 債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士ランキングは、『【債務整理】弁護士 比較一覧』を基に徹底的に分析評価しています。※※※

 

女性が選ぶ債務整理の弁護士ランキング

 

サンク総合法律事務所

親切対応 費 用 専門性 実 績 秘密厳守
総合評価 総合得点
100点満点!!

【メリット】

  • 債務整理の「任意整理、個人再生、自己破産、過払金請求」全ての案件を専門としていて、月600件以上の案件を扱う『債務整理のプロフェッショナル集団です。
  •  

  • サンク総合法律事務所には、『浅海菜保子さん』という女性弁護士が在籍しているので、「繊細な悩みにも、共感してもらえて安心した」と評判で、他の弁護士事務所と比べても、女性利用者満足度が非常に高いです。
  •  

  • 「満足度の高い対応なのに、費用が安い!」という依頼者の声が多く、しかも、「弁護士費用が用意できない…」という方のために、分割払いや後払い等、柔軟に対応してくれます。
  •  

  • 「家族や周囲に知られたくない!」等、様々な事情や要望をしっかり聞いたうえで、最適な借金解決方法をお答えてくれます。

【デメリット】

  • 悪い点は特に見当たりませんでした。

≪公式サイト≫

サンク総合法律事務所

 

リヴラ総合法律事務所

親切対応 費 用 専門性 実 績 秘密厳守
総合評価 総合得点
90点

【メリット】

  • 他の訴訟も取り扱っていますが、現在は債務整理に力を入れているとのことで、取扱い実績も通算1,000件以上と、ここ数年間で増えてきています。
  •  

  • 『女性専用相談窓口』が用意されていて、女性スタッフが対応してくれるので、「男性に相談するのはちょっと・・・」という方でも安心して相談できます。
  •  

  • 相談料等の初期費用が無料で、着手金や基本報酬、成功報酬などの費用も『分割払いOK』なので、用意できるお金がない場合も安心して相談・依頼ができます。
  •  

  • 遠方に住んでる相談者のために、事務所のスタッフが『主要都市』まで出向いてくれる、全国対応の『出張面談サービス』があるので、わざわざ事務所に行く必要がなく、近場で面談ができます。

【デメリット】

  • 在籍弁護士が1人だけで、債務整理以外の訴訟も取り扱っているということなので、債務整理専門の弁護士というわけではありません。
  •  

  • 費用は、他の法律事務所と比べてみても決して安くはありませんが、費用の問題だけに拘ってしまうと、「安かろう悪かろう」の弁護士に当たってしまう可能性もあるので注意が必要です。

≪公式サイト≫

伊藤法律事務所

 

サルート法律事務所

親切対応 費 用 専門性 実 績 秘密厳守
総合評価 総合得点
85点

【メリット】

  • 『個人再生・自己破産』の裁判系債務整理を得意としています。
  •  

  • 経歴39年の経験と実績がある債務整理専門の腕利き弁護士が在籍し、担当が変わることなく最初から最後まで対応をしてくれます。
  •  

  • 債務整理前に、無料相談で不安を無くして納得した上で依頼をすることができます。
  •  

【デメリット】

  • 経験と実績はありますが、『女性専用』の対応はありません。
  •  

  • 得意としている『個人再生・自己破産』は、支払う費用が他の法律事務所より多少高めになっていますが、費用の問題だけに拘ってしまうと、「安かろう悪かろう」の弁護士に当たってしまう可能性もあるので注意が必要です。
  •  

  • 費用の分割はOKですが、後払いはできないようになっています。

≪公式サイト≫

弁護士法人RESTA法律事務所

 

いかがでしたでしょうか?

 

債務整理の相談をするうえで、参考になったでしょうか?

 

各法律事務所のメリット・デメリットを含めお伝えしましたが、当サイトで挙げたどの法律事務所も相談者の満足度が非常に高いのです。

 

また、それらの法律事務所は、対応地域が限定されていないので、あなたが全国どこに住まれていても対応が可能です。

 

しかも、どの法律事務所も、無料でメールでの相談から始められるので、安心して相談できますよね。

 

まずは、無料相談をメールからやってみては如何でしょうか。

 

≪弁護士ランキング番外編≫
今回、当サイトでの「債務整理」の弁護士おすすめランキングには入りませんでしたが、決して評価の低くなかった律事務所を番外編としてご紹介させていただきます。その法律事務所は、アディーレ法律事務所、岡田法律事務所、ジャパンネット法務事務所、東京ロータス法律事務所です。