借金返済|債務整理|相談無料|弁護士

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【最新版】債務整理おすすめ弁護士(法律事務所)比較ランキング公開

【保存版】借金地獄のリアル体験談から学ぶ!多重債務からの脱出方法

 

借金地獄の生活が辛くて何とか脱出したいと思っている人は、多重債務者が借金地獄から抜け出す方法を探すでしょう。

 

ブログなどを探すと、借金地獄のリアル体験談がたくさん見つかります。

 

中には、夜逃げをした体験談もありますが、果たして、夜逃げをした人は、借金地獄から抜け出すことができたのでしょうか?

 

・・・結末は、更に最悪の状況になってしまっている人の方が多いようです。

 

ここでは、借金地獄から脱出する方法について説明していきたいと思います。

 

夜逃げした人は借金地獄から抜け出せるのか?

借金地獄で苦しんでいる人の体験談を見てみると、きっけかはカードで高い買い物をしすぎたなどほんの些細なことが多いです。

 

自分の給料だけでは返済が難しくなると、銀行のカードローンを新規で作ったり、消費者金融から借入をしたりしてお金を作り、返済をするようになります。

 

それを何度か繰り返しているうちに、多重債務に陥ってしまうのです。

 

借入先が2社、3社と増えていきます。

 

トータルの借入金額も増えていくので、そのうち新規での借入が難しくなってしまうでしょう。

 

キャッシングも限度額に達すれば、追加で借りられません。

 

返済日までにお金を用意できず、公共料金の支払に充てるはずのお金を借金の返済に回してしたという体験談も見られます。

 

そうすると、電気やガスが止まってしまうこともあるのです。

 

返済が滞ると、借入先の担当者から電話がかかってきたり、督促状が送られてきたりもするでしょう。

 

人間らしい生活をするのが困難になると、「いっそのこと夜逃げをしてしまおう!」と考える人もいるかも知れません。

 

借金地獄のリアル体験談を見てみると、実際に夜逃げをした人もいます。

 

見ただけで引越しをすると分からないように、夜中に必要最小限の荷物だけ持って遠方の地域に逃げる方法です。

 

返済が滞りがちな多重債務者は、家の近くで見張られている場合もあります。

 

そのため、夜逃げをしようとしても見つかってしまう例も少なくありません。

 

体験談を見てみると、見張られていることを見越して窓から脱出して夜逃げに成功した例も見られます。

 

債権者に気付かれずに、遠方の縁もゆかりもない地域まで逃げられれば、とりあえずは借金地獄から脱出可能です。

 

新しい土地で生活基盤を築いていくことになります。

 

体験談によると夜逃げはリスクが高くデメリットが多い!?

夜逃げは、債権者に見つかってしまうリスクが高いです。

 

一度見つかってしまうと、また夜逃げをするのではないかと警戒されてしまいます。

 

また、金融会社は債権回収が目的なら債務者の住民票をチェックすることが可能です。

 

せっかく夜逃げをしても、住民票を移していると足が付いてしまいます。

 

本気で夜逃げするつもりなら、住民票を移さずそのままにしておかなければなりません。

 

つまり、引越し先で住民としての行政サービスが受けられないためデメリットが多いです。

 

住民票を移せないと仕事を探す際も困ることがあります。

 

仕事に就けなければ収入は得られません。

 

健康保険証もないため、病院にかかることも難しいでしょう。

 

そのため、借金から上手く逃げられても、逃げた先で生活基盤を築くのが困難です。

 

住民票を移していなくても、債権者が興信所などを使うと見つかってしまうリスクがあります。

 

時効を期待する人もいるかも知れません。

 

借金の時効は5年ですが、5年経過するまでの間に債権者が請求をすると時効が中断してしまいます。

 

何年も経過してから見つかってしまうと、時効は完成せず、利息が膨らんでしまうのです。

 

どうしよもない額になってしまうでしょう。

 

夜逃げはかなりリスクが高いと言えます。

 

一方で、夜逃げと並んで債務整理をしたという体験談も多いです。

 

債務整理なら法律で認められている方法であるため、こそこそ隠れて行わなくても済みます。

 

債務整理は本当に夜逃げよりは賢明な選択?

債務整理をした人の体験談を見てみると、最初に弁護士や司法書士に相談をしてから債務整理の方法を決めている人が多いです。

 

借金地獄に陥っていると、お金がなくて費用を払えないかも知れませんが、無料相談を受け付けている法律事務所もたくさんあります。

 

債務整理の手続きに対する弁護士費用も分割払いに対応しているところが多いです。

 

ただ、債務整理にもデメリットはいくつかあります。

 

特に自己破産の場合には、現在所有している財産のほとんどを失うことも覚悟しなければなりません。

 

復権するまで一定の職業に就けなくなるデメリットもあるので注意しましょう。

 

女性が多い職業としては、旅行業や生命保険募集人などが該当します。

 

また、自己破産と個人再生を行った情報は官報に掲載され、信用情報機関にも登録される仕組みです。

 

5年から10年の間は記録が残るため、その期間中はキャッシングやローンなどを利用できません。

 

クレジットカードや住宅ローンも記録が残っているうちは利用できないため注意しましょう。

 

任意整理の場合には、信用情報機関に登録されますが、官報には載りません。

 

裁判所を通さず行うため、親族や会社の人に知られてしまうこともないでしょう。

 

ただし、任意整理だと返済額を大幅に減額するのは難しいです。

 

債権者と個別に交渉をして和解するという形を採りますが、交渉が上手く行かず和解が成立しない場合もあります。

 

どの債務整理の方法を選ぶかは、弁護士に相談した上で決めるといいでしょう。

 

いずれの方法を採った場合でも、間違いなく、夜逃げをするよりは賢明な選択です。

 

多少のデメリットはあるものの、夜逃げをした場合のデメリットと比べれば大したことはありません。

 

借金地獄のリアルな体験談を見てみても、夜逃げの方は散々なものばかりですが、債務整理の方は上手借金地獄から脱出して生活を立て直せた内容の体験談が多いです。