借金返済|債務整理|相談無料|弁護士

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【最新版】債務整理おすすめ弁護士(法律事務所)比較ランキング公開

【借金地獄で死にたいあなたへ】これを読んでからでも遅くはない!?

 

多重債務で苦しんでいる人の中には、もう死にたいと思っている人もいるでしょう。

 

自殺してしまえば地獄のような苦しみからは解放されそうです。

 

しかし、債務者が死亡すると遺族に迷惑がかかってしまうことがあるため、自殺はいけません。

 

では、借金苦でどうしようもなくなったらどうすればいいのか見て行きましょう。

 

死んでしまえば確かに借金から解放されて楽になれる!

多重債務に陥ってしまうと、毎月の稼ぎの大半を借金の返済に回さなければなりません。

 

その上、なかなか借入金の残高が減らないでしょう。

 

借入金残高が多ければ、その分だけ利息も多く発生します。

 

返済として消費者金融に支払った金額のうち利息の支払に充てる分が多すぎて、元本の返済がなかなか進みません。

 

働いても働いても延々と地獄のような借金苦が続きます。

 

消費者金融は闇金と違って法外な金利での貸付は行っていませんが、それでも年利18パーセントくらいです。

 

多重債務者で借入金残高の総額が400万円あるとすれば、毎月約6万円の利息が発生します。

 

10万円返済していたとしても、元本は4万円しか減りません。

 

返済が遅れれば、利息がどんどん膨らみ、ますます酷い状況になってしまいます。

 

女性の場合には収入があまり高くないため、利息分の返済をするのがやっとだという人もいるでしょう。

 

借金のため、まともな生活ができなくなることもあります。

 

そして、借金苦から逃れるために、死にたいと思っている人もいるかも知れません。

 

確かに自殺して死んでしまえば、借金を返済しなくて済みます。

 

地獄のような借金苦から逃れられるのです。

 

これから起こるはずの嬉しいことや楽しいことも経験できなくなってしまいますが、借金から逃れたいという気持ちの方が勝ってしまう人もいるでしょう。

 

実際に借金地獄を理由とする自殺者も出ています。

 

債務者が死亡したら未返済の借金はどうなる?

借金から逃れるために死にたいと思っている人は、もし本当に自分が死んでしまったら、その後はどうなるのか考えてみましょう。

 

まず、親族が自分に生命保険を掛けていた場合でも、死因が自殺であれば保険金は下りません。

 

そして、人が死亡すれば、相続が開始されます。

 

多重債務者の場合には、財産なんてほとんど持っていないから関係ないと思うかも知れません。

 

しかし、相続においては債務やローンなどもマイナスの財産として相続財産に含まれます。

 

つまり、相続人があなたの残した借金を背負ってしまうのです。

 

自分の子どもや高齢の両親に、今まで自分が経験して来た地獄のような苦しみを押しつける結果になってしまいます。

 

相続放棄という方法を採ることで、子どもや両親はあなたの借金を背負わなくて済みますが、相続開始から3ヶ月以内に手続きを済ませなければなりません。

 

人が死亡したときには、葬儀や遺品の整理などで忙しくなります。

 

あなたが多額の借金を抱えていることを子どもや両親が知らなければ、そのまま放置されてしまうでしょう。

 

もし、借金のことを身内に内緒にしているのであれば、3ヶ月経過して相続放棄できなくなってしまう可能性が高いです。

 

また、親族があなたの借金のことを知っていて、保証人になってくれているケースもあるでしょう。

 

保証人になっていれば、債務者本人が死亡したら残りの債務を弁済する義務を負います。

 

相続の場合と異なり、免れる方法はありません。

 

いずれの場合も、親族の生活が一変してしまいます。

 

持ち家を債権者に差し押さえられて手放すような結果になってしまうかも知れません。

 

自殺はやめて弁護士に債務整理を依頼しよう!

借金地獄で死にたいと思っている人は、自殺を考える前に法律の専門家に相談してみましょう。

 

お金がなくて着手金を用意できないため、最初から弁護士や司法書士への相談はできないと考えている人もいるかも知れません。

 

しかし、借金問題に関する無料の相談窓口を設置している法律事務所も多いです。

 

相談者の状況を聞いた上で、債務整理を勧めてくれます。

 

自殺を考えるくらいの借金地獄なら、自己破産を勧められるでしょう。

 

破産すると財産もほとんど失いますが、借金も全てなくなります。

 

相続と異なり、親族に迷惑はかかりません。

 

複数の会社から借金があって、そのうちの一部に保証人が付いているのなら、任意整理を勧められるでしょう。

 

任意整理は自己破産と違って全ての債務に関して行う必要はありません。

 

一部の債務に関してのみ行えます。

 

親族が保証人になっている債務を避けて任意整理をすれば、保証人に迷惑をかけずに債務総額を減らせるでしょう。

 

任意整理も自己破産も手続きを弁護士に依頼するには費用がかかりますが、分割払いや後払いに対応している法律事務所を選べば、すぐに費用を用意できなくても問題ありません。

 

まずは、借金の状況が分かる資料を揃えた上で、法律事務所に相談してみましょう。

 

まとめ

・多重債務に陥ると利息の負担だけでもかなり大きく、地獄のような状態になる

 

・借金地獄が辛くて死にたいと思っている人もいる

 

・死んでしまえば確かに借金地獄から逃れられるが親族に大きな負担がかかる

 

・借金を残して死亡すると、親族が債務を相続することになる

 

・相続放棄は3ヶ月以内に手続きを済ませないとできなくなる

 

・保証人を付けている借金は債務者本人が死亡すると保証人が代わりに返さないといけない

 

・相続人や保証人の生活が一変してしまう可能性がある

 

・自殺よりも債務整理をした方が楽で親族にも迷惑をかけないで済む