借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

夫の借金(多重債務)で離婚を決意!?〜慰謝料はもらえる?相場は?

 

度重なる夫の借金で、もう身も心もぼろぼろ・・・。

 

愛していた気持ちもなくなり、もはや憎しみまで生まれそう。

 

子供の将来のためにも借金癖の治らない夫とは離婚して、新しい人生を歩もう・・・。

 

このような決意をした時、心配なるのもやっぱりお金の問題ですよね。

 

結論から言うと、夫の借金が原因で慰謝料をもらうのは極めて難しいのが現状です。

 

でも、夫の借金を理由に離婚することで起こるあなたの人生への影響を限りなく少なくすることは可能です。

 

今回は、「そもそも慰謝料ってなに?」「どんな時にもらえるの?」などの疑問を一から解消し、

 

「離婚する時に夫婦の借金がある時はどのように片付ければいいか」

 

「離婚すれば連帯保証人は抜けられるのか」

 

「もし夫が自己破産などの債務整理を行えば、養育費がもらえなくなってしまうのか!?」

 

などなど、離婚にまつわるお金の問題について詳しく解説していきます。

 

長年あなたを苦しめた借金問題はスッキリ解決して、新しい人生を歩む方法を一緒に考えていきましょう!

 

慰謝料とは?慰謝料がもらえるのはどんな時?

慰謝料とは、自分が受けた精神的苦痛や、身体的苦痛に対してその償いのために支払われるものです。

 

これが夫婦の離婚の際に支払われる場合は、離婚の原因を作った側が相手に支払うことになります。

 

慰謝料がもらえるのは、相手が原因のことで離婚を余儀なくされる場合です。

 

不倫や女性問題、浮気が原因の場合

一番わかりやすいのが、相手の不貞行為が原因の場合です。

 

夫が浮気し、妻が今後関係を続けていくことができないと判断した場合は、夫が離婚事由を作ったことが明らかなので慰謝料を受け取ることができます。

 

この場合の金額は婚姻期間や、不貞行為の回数などによって変化します。

 

また、この場合は不倫相手にも慰謝料を請求することも可能です。

 

不倫や不貞行為の場合の慰謝料の金額の相場は、100万円から200万円と言われています。

 

DVなどの身体的暴力や、モラハラなどの精神的暴力

夫から暴力を受けたり、モラハラで精神的に攻撃を受けた場合は、たとえ一度は愛し合った夫婦でも、婚姻生活を続けていくことは難しくなってしまいますよね。

 

このような場合は医師の診断書や、その都度記録を取るなどして証拠を残すことで慰謝料が受け取れるようになります。

 

同居義務・協力義務・扶助義務を明らかに怠った場合

正当な理由なく、片側が納得しない状況で別居をしたり、家に帰らなくなったり、、

 

家事を一切手伝わない、夫が生活費を渡さないなどもこれに含まれます。

 

借金が理由の離婚で慰謝料はもらえない!?

どんな時に慰謝料を受け取ることができるかを解説しましたが、夫の多重債務が原因の場合、慰謝料を受け取ることは極めて難しいと言われています。

 

その理由は、借金をすること自体が違法行為には当たらないからです。

 

例えば不倫は不貞行為として法律に反しますし、DVが言うまでもなく傷害罪に該当します。

 

さらに、結婚することで生まれる夫婦の義務を果たさないことも法に反します。

 

夫の借金、多重債務を理由に離婚する場合は、

 

「夫の度重なる借金によって一切の生活費を渡されずに夫婦の義務が果たされなかった」

 

「アイドルの追っかけで家に帰らずに借金を重ねた」

 

などの理由であれば夫婦の義務の遺棄として慰謝料を受け取ることができる可能性がありますが、貰えてもその金額は数十万円がいいところだと言われています。

 

債務整理と離婚の関係・・・夫婦の借金や養育費はどうなるの!?

夫婦が婚姻生活を終了し離婚するだけでもとても大変なのに、借金問題まで抱えていてはあなたの苦労は計り知れません。

 

また、夫婦の財産として持ち家などを持っていて、さらに借金が夫婦の負の財産と判断された場合、慰謝料がもらえないどころか、あなたに借金が降りかかる恐れがあります。

 

離婚とお金の問題を別々に解決することは非常に難しいですが、たった一つだけこのピンチを乗り越えるために手を差し伸べてくれる存在があります。

 

それが弁護士であり、司法書士、つまり法律とお金のプロフェッショナルです。

 

あなたの財産にはどんなものがあり、それは夫婦の財産なのか、個人の財産なのか判断し、あなたが夫の借金の連帯保証人になっている場合の対応策など、あなたの状況を総合的に判断して適切な指示を出してくれます。

 

離婚しても人生は続き、もしあなたにお子さんがいたら、彼らの人生も守っていかなければいけません。

 

なるべく家の場所や現在の生活環境を変えずに、夫婦の財産を負の財産である借金を含めスッキリ整理して、養育費だってちゃんともらえるように整えていく必要があります。

 

これら全てをあなた一人で解決まで持っていくのは非常に困難です。

 

だからこそ、弁護士に相談してみるという選択肢を強くお勧めします。

 

まとめ

 

・慰謝料は法に反する行為によって離婚に陥る際に支払われる

 

・夫の多重債務だけを原因とした離婚では慰謝料をもらうのは難しい

 

・夫が借金地獄にはまった状態での離婚はあなたにもその借金が降りかかる恐れがある

 

・夫の借金が原因で離婚する場合は財産分与などの含め総合的な判断が必要

 

・今後の養育費の問題や、債務整理、離婚問題を全てまとめて弁護士に依頼することが可能