借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

【注意】「借金は一本化がおすすめ!」本当は借金返済の落とし穴!?

 

最近よくテレビCMや電車の中吊り広告なので見かける「おまとめローン」。

 

簡単に言えば、複数の会社から借りているお金を全部一つにまとめるというものです。

 

月々の返済が1回で済む、毎月の返済金額が安くなるという触れ込みで注目を集めています。

 

でも、ちょっと待ってください!

 

おまとめローンには、知らずに利用すると大変なことになる大きな落とし穴が待ち構えています。

 

おまとめローンで借金を一本化することによって、借金が増えてしまったり、返済額が増えてしまうなんてこともあるので要注意です。

 

今回はおまとめローンのメリットとデメリットを検証して、借金完済への道をご紹介します。

 

借金を一本化する『おまとめローン』のメリット

借金を一本化するおまとめローン。

 

注目度も高く、うまく使えば債務者の負担を減らすことができます。

 

おまとめローンとは、例えば3社から、20万、30万、50万と借金がある場合、別の1社から100万円を借りて、3社を完済し、借金を1社にまとめるという方法です。

 

借金を一本化するメリットとして、次のようなことが挙げられます。

 

月の返済を一度にまとめることができる

借入先が何社もあれば、毎月の返済の回数がどうしても増えてしまいます。

 

返済日は業者によって様々なので、1ヶ月のうちに何度も返済をしなければなりません。

 

おまとめローンに切り替えれば、月の返済が1回になるので、給料からどのくらい返済に回せばいいかが分かりやすく、お金の管理が簡単になります。

 

金利が安くなることも

現在の利息制限法では、99万円以下は18%、100万円以上の借金は15%と法律で定められています。

 

そのため、複数社まとめて借金が100万円以上になれば、金利が15%になり、それまで15%より利息が多かった場合は、金利が下がることになります。

 

信用情報の借入合計数が減る

新しくローンを組む場合や、新たに借金の申し込みを受けた際、金融業社は「信用情報機関」に問い合わせをします。

 

あなたが現在何社からいくら借入れているかを確認するためです。

 

その際に借入をしている会社の数が少ない方が印象がいいという場合もあるようです。

 

月々の返済額が減る

数社から借入がある場合、各社に対して毎月「最低返済額」以上のお金を返済していることと思います。

 

例えば次のような状況だとします。

 

A社 20万借入 最低返済額 9千円
B社 30万借入 最低返済額 12千円
C社 10万借入 最低返済額 4千円

 

この場合、毎月合計2万5千円以上の返済が必要になりますが、D社から60万円借りて、A?C社を完済することで、借金はD社だけになります。

 

D社に支払う返済額が1万5千円となると、月の返済額が1万円も安くなるということです。

 

要注意!おまとめローンに潜む落とし穴とは!?

「おまとめローンはいいことずくめじゃない!」

 

と思ったみなさん、ちょっと待ってください。

 

おまとめローンの最大のメリットのように見える「月々の返済額が減る」こと。

 

でもこれこそが、おまとめローンの大きな落とし穴の一つなんです。

 

月の返済額が減ると支払う利息の合計額は増える

月の最低返済額には、利息も多く含まれます。

 

そのため、最低返済額だけを支払っていると、借金はいつまでも減らないという事態に陥ります。

 

ただでさえ低めに設定されている最低返済額が、借金を一本化することによってさらに減ってしまうと、結果として返済期間が長くなり、払う利息の合計が増えてしまうことになります。

 

借金問題が解決しない

借金をまとめたら、あとは完済まで駆け抜けたいところですが、借金癖がある人にはなかなか難しいのが現実です。

 

例えば3社合計で100万円の借金を完済するためにおまとめローンに申し込み、150万円の限度枠を手に入れた時、あなたならどうするでしょうか?

 

100万円で他の借金を完済したあと、残りの50万円の枠に手を出さない自信があるという方は少ないのではないでしょうか。

 

実はおまとめローンを申し込むことによって、新たな借金を抱えてしまうというのは珍しくないケースなのです。

 

債務整理で借金がスッキリ!

借金の整理でおまとめローンを検討している方にオススメしたい方法が債務整理です。

 

「債務整理」と聞くと、足を踏み入れてはいけないゾーンに踏み込んでしまうようなイメージを持たれてしまう人も多いかもしれません。

 

しかし、多重債務で苦しむ人が、根本的に問題を解決するためには、債務整理が最も適した方法です。

 

次の項目に当てはまる人には特に、おまとめローンよりも債務整理をおすすめします。

 

月々の借金返済額を減らしたい

おまとめローンを行うことで、最低返済額が減ることをメリットと感じる方は、借金が増えてしまったり、結果として利息を払い過ぎてしまう可能性があります。

 

転職で収入が減少した

 

生計を立てていた配偶者がなくなった

 

介護費用が必要になった

 

ギャンブル好き

 

浪費癖がある

 

お金を管理して使う習慣がない

 

限度枠=自由に使えるお金と捉えてしまう

 

こういった項目に一つでも該当する方は、ゆくゆくは返済が難しくなる可能性が高いです。

 

大きな問題になる前に一度弁護士に相談してみることを強くお勧めします。

 

まとめ

・おまとめローンには金利が安くなったり、月の返済額が下がるメリットがある

 

・月の返済額が下がるということは結果として利息を多く払うケースも

 

・おまとめローンで獲得した限度枠でさらに借金が増えてしまうこともある

 

・おまとめローンを検討する際は完済に向けて気持ちを強く持つ

 

・月の返済額を下げるためにおまとめローンを希望する人は債務整理を相談するべき

 

・おまとめローンで借金は減らない