借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【最新版】債務整理おすすめ弁護士(法律事務所)比較ランキング公開

【必見】借金返済方法3つの極意とは?|借金の悩みはこれで解決!?

 

借金を抱えている人は、どうやって返済すればいいのか悩んでいることが多いでしょう。

 

借金の悩みを解決するには、借金の詳細を明らかにし、場合によっては債務整理も検討しなければなりません。

 

そして、債務整理後の生活設計も大事です。

 

ここでは、借金返済の極意を解説して行きます。

 

借金返済方法3つの極意

 

利息だけ返済していれば大目に見てもらえる

消費者金融からの借入や銀行カードローンには、最低返済額というの設定されています。

 

基本的に最低返済額以上の金額を入金すると、その月の返済をしたという扱いです。

 

しかし、前もって電話連絡をしておけば、利息だけの返済で了承してくれる金融機関も少なくありません。

 

督促状も来ないので、返済が滞っているという認識を持っていない人もいるでしょう。

 

毎回利息だけの返済というわけにはいきませんが、何度も利息だけの返済で凌いでいる多重債務者も多いです。

 

利息のみの返済をするために、さらに他の金融機関から借入をする人もいます。

 

カードローンなら保証人なしでお金を借りられるため、新たな借入もハードルが低く感じられるでしょう。

 

しかし、利息だけの返済で凌ぐことはおすすめできません。

 

その場は大目に見てもらえても、元本が減らないため、ずっと返済が続くことになります。

 

既に多重債務に陥っているのであれば、どの金融機関からいくら借入残高があるのか明確にしておくことが借金返済の1つの極意です。

 

各社の最低返済額を把握して、自分の収入や生活費と照らし合わせて毎月支払える金額かどうか検討してみましょう。

 

全部の借入先に最低返済額の返済をするのが難しい場合には、まとめローンなどのサービスを利用して一本化する方法もあります。

 

返済が難しいようであれば弁護士に頼んで債務整理を検討する

複数ある借入を一本化したくても、審査に通らないこともあります。

 

借入先全てに、毎月最低返済額を支払うのが難しいようであれば、債務整理を検討してみましょう。

 

債務整理は弁護士に依頼して手続きをしてもらうのが一般的です。

 

ただ、弁護士と聞いてお金がかかりそうと思ってしまう人もいるかも知れません。

 

ただでさえ借金で首が回らないのに、弁護士費用まで払うのは無理だという人も多いでしょう。

 

そこで、無料相談を実施している法律事務所に足を運ぶことが借金返済のもう1つの極意と言えます。

 

借金問題に強い弁護士の中には、依頼者の事情を考慮して無料相談を実施している弁護士が多いです。

 

債務整理の手続きにかかる費用も、分割払いや後払いに対応している法律事務所が多いため、すぐに用意できなくても問題ありません。

 

債務整理の方法もいくつかありますが、デメリットも考慮した上で自分の状況に合った方法を選ぶことが3つ目の極意です。

 

どの債務整理の方法がいいのか分からない場合には、弁護士と相談して決めるといいでしょう。

 

借金に関することが分かる書類と、自分の生活や収入について分かる書類を弁護士事務所に持参して相談するとスムーズに行きます。

 

最初に任意整理で解決できないか検討することが多いです。

 

任意整理なら旦那さんや親族、勤務先などに知られずに行えます。

 

ただ、任意整理は債権者が交渉に応じないとできません。

 

任意整理の交渉が上手く行きそうにない場合には、個人再生や自己破産を勧められることもあります。

 

同じ過ちを繰り返さないために債務整理後の生活設計を考える

債務整理の手続きが済んだら、それで終わりではありません。

 

任意整理や個人再生なら債務整理後に減額された債務を返済することになります。

 

そのため、債務整理後の生活設計が4つ目の極意です。

 

きちんと返済できて初めて借金問題が解決したと言えるでしょう。

 

毎月の収入から生活費に充てる分と返済に充てる分を決めておきます。

 

しかし、借金で弁護士のお世話になるくらいの人は、お金のやりくりがあまり上手でない人が多いです。

 

生活設計を立てる自信がない場合には、弁護士に債務整理の手続きを依頼する際に、併せて相談するのもいいでしょう。

 

借金問題に強い弁護士なら、生活設計のアドバイスも上手です。

 

自己破産をした場合には、任意整理や個人再生と異なり、銀行や消費者金融への債務が全て消滅します。

 

返済のことは考えなくて済みますが、再び同じ過ちを繰り返さないように、借金をせずに生活して行ける生活設計を立てることが大事です。

 

また、信用情報機関に債務整理をした記録が残るため、しばらくは新たに借入をすることができません。

 

ただ、信用情報機関に登録されている情報は、一定期間経過すると消える仕組みです。

 

再び借金ができる状態になります。

 

再び債務整理をすることになってしまわないように、ローンなどを利用する際には無理のない返済計画を立てることが重要です。

 

まとめ

・利息だけ返済していてもその場しのぎにしかならない

 

・借入先ごとに借入残高や最低返済額などを整理しよう

 

・一本化できるなら一本化する

 

・返済が困難なら弁護士に相談して債務整理の手続きを依頼

 

・自分に合った債務整理の方法を選ぼう

 

・債務整理後の生活設計が大事

 

・生活設計を立てるのが苦手なら弁護士のアドバイスを仰ぐ

 

・再び同じ過ちを繰り返さないようにしよう