借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? おすすめランキングを公開!

【要注意!】妻(夫)の借金を理由に離婚・慰謝料請求はできない!?

 

夫が多額の借金をしていることが突然分かったら裏切られたような気持ちになるでしょう。

 

離婚して慰謝料を請求したいと考える人も多いです。

 

しかし、配偶者の借金を理由に離婚したり慰謝料を請求すること現実的には難しいです。

 

ほぼ無理と考えていいでしょう。

 

では、なぜ借金を理由に離婚や慰謝料請求ができないのか、今後どうするのが最良の方法なのか説明して行きます。

 

配偶者の借金を理由に離婚できないのか?

自分の周りの人で夫の借金を理由に離婚できたという例を知っている人もいるでしょう。

 

それなら、自分も借金まみれの夫と離婚して慰謝料を請求したいと考えるはずです。

 

しかし、配偶者の借金が理由で離婚できるケースは限られています。

 

大事なのは借金の理由です。

 

夫に浪費癖のあったりギャンブルにはまっていたりして、生活費に充てるはずのお金を使い果たして借金をしていたようであれば、離婚可能な場合もあるでしょう。

 

しかし、夫婦で暮らすための生活費の足しにするために借金をしていた場合には、離婚調停を申し立てても離婚は認められません。

 

転職やリストラなどが原因で収入が下がってしまった場合には、これまでの生活レベルを維持するために借金する人もいます。

 

夫が働かない場合や家にお金を入れない場合とは事情が異なるでしょう。

 

きちんと仕事をしていて、家にお金も入れている状況なら、足りない生活費を借金で賄っているくらいでは離婚はほぼ認められないでしょう。

 

また、浪費家でも浪費や借金の程度が婚姻生活が困難になるくらいでないと離婚が認められないことが多いです。

 

現在通常通り生活できているのであれば、離婚屋慰謝料請求は難しいでしょう。

 

ただ、浮気をしているまたは暴力を振るうような状況であれば、離婚や慰謝料請求が認められます。

 

例えば、借金したお金で浮気相手と遊んでいる場合や、働かないことを咎められて妻を殴るようなケースです。

 

その場合は離婚調停を開いた方がいいでしょう。

 

借金が多いと財産分与や養育費はどうなるのか?

離婚したいと考えている場合、財産分与のことが気になるでしょう。

 

子供がいる場合には、養育費のことも考えておかなければなりません。

 

婚姻中に築いた財産は、基本的に夫婦が共同で得たものと判断されます。

 

そのため、離婚すれば夫と妻が半分ずつに分けます。

 

問題は貯蓄などの財産だけでなく借金などの債務があるケースです。

 

財産も債務も夫名義なら財産だけ半分もらいたいと考えるでしょう。

 

しかし、そう上手くは行きません。

 

財産から債務を差し引いた分を、2人で半分に分けることになっています。

 

財産よりも債務の方が上回る場合には、離婚後は夫の借金の返済義務を負うことはありませんが、財産分与としてもらえるものも何もありません。

 

協議により夫が離婚に応じてくれたとしても、あまりメリットはないと言えるでしょう。

 

子供の養育費に関しては、借金があるなどの事情は関係なく請求可能です。

 

ただ、離婚時に夫の収入が少なければ、養育費の金額もそれに合わせて少なく決められてしまいます。

 

途中で支払いが滞ってしまうリスクもあるでしょう。

 

任意に支払ってもらえない場合には、差押えも可能ですが、裁判所を通して手続きをする必要があります。

 

また、浪費癖がある人なら財産をあまり持っておらず、消費者金融など他の債権者もいる可能性が高いため楽観視できません。

 

離婚よりも債務整理を検討した方が現実的?

夫が自分の浪費や借金について反省していて、心を入れ替えようとしている様子なら、離婚を迫るよりは債務整理を検討してみるのがいいでしょう。

 

離婚について弁護士に相談した場合にも、債務整理を勧める旨の回答が返ってくる可能性が高いです。

 

ただ、浪費癖の程度によっては離婚が可能な場合もあるため、弁護士回答を踏まえた上で検討してみるといいでしょう。

 

結婚している女性の場合には、自由に使えるお金があまりないというケースが多いです。

 

弁護士に相談したくても、費用が気になって二の足を踏んでいる人もいるでしょう。

 

その場合も特に心配いりません。

 

無料相談を実施している法律事務所も多いです。

 

サンク総合法律事務所のように、相談だけなら本人以外の人でも受け付けているところがあります。

 

ただ、正式に債務整理の依頼をする際には、本人が依頼しなければなりません。

 

サンク総合法律事務所なら借金に関する案件をかなり多く手がけているので安心して依頼できます。

 

カードローンでお金を借りすぎた人やカードで買い物をしすぎた人などを相手に、非常に多くの借金問題を解決して来た法律事務所です。

 

住宅ローンが残っていて、マイホームだけは手放したくないなどの要望がある場合も、できるだけ叶える方向で対応してくれます。

 

まとめ

・借金だけを理由に離婚や慰謝料請求をすることはできない

 

・相手が働かない場合や浪費癖が激しくて夫婦生活が成り立たないくらいなら離婚や慰謝料請求ができる場合もある

 

・借金をしている夫と離婚しても財産分与ではほとんど財産をもらえない可能性が高い

 

・夫が反省しているのなら離婚よりも債務整理を検討しよう

 

・無料相談を実施している法律事務所もある

 

・本人以外でも相談可能な法律事務所もある

 

・住宅ローンを支払い途中のマイホームを残して債務整理することも可能

 

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? おすすめランキングを公開!

 

あなたが抱えている借金は、法律事務所に相談をすることが借金の問題を解決の一番の近道です。

 

でも私たち女性が、弁護士に債務整理の相談をしようと思っても、なかなか最初の一歩が進みませんよね?

 

債務整理の着手金などの費用はどれくらいかかるの?

 

家族や、周囲にバレないの?

 

威張ったオジサン弁護士とか、怖い感じの弁護士はイヤ!

 

こちらの話しや質問を親身になって聞いてくれるの?

 

債務整理を得意としている弁護士なの?

 

そのような不安から、法律事務所というのは敷居が高いと感じると思います。

 

そこで、『女性が安心して債務整理の相談ができる弁護士はどこなのか?』をテーマに調査してみました。

 

その調査した内容から、債務整理でおすすめの弁護士ランキングを公開いたします。

 

※※※ 債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士ランキングは、『【債務整理】弁護士 比較一覧』を基に徹底的に分析評価しています。※※※

 

女性が選ぶ債務整理の弁護士ランキング

 

サンク総合法律事務所

親切対応 費 用 専門性 実 績 秘密厳守
総合評価 総合得点
100点満点!!

【メリット】

  • 債務整理の「任意整理、個人再生、自己破産、過払金請求」全ての案件を専門としていて、月600件以上の案件を扱う『債務整理のプロフェッショナル集団です。
  •  

  • サンク総合法律事務所には、『浅海菜保子さん』という女性弁護士が在籍しているので、「繊細な悩みにも、共感してもらえて安心した」と評判で、他の弁護士事務所と比べても、女性利用者満足度が非常に高いです。
  •  

  • 「満足度の高い対応なのに、費用が安い!」という依頼者の声が多く、しかも、「弁護士費用が用意できない…」という方のために、分割払いや後払い等、柔軟に対応してくれます。
  •  

  • 「家族や周囲に知られたくない!」等、様々な事情や要望をしっかり聞いたうえで、最適な借金解決方法をお答えてくれます。

【デメリット】

  • 悪い点は特に見当たりませんでした。

≪公式サイト≫

サンク総合法律事務所

 

リヴラ総合法律事務所

親切対応 費 用 専門性 実 績 秘密厳守
総合評価 総合得点
90点

【メリット】

  • 他の訴訟も取り扱っていますが、現在は債務整理に力を入れているとのことで、取扱い実績も通算1,000件以上と、ここ数年間で増えてきています。
  •  

  • 『女性専用相談窓口』が用意されていて、女性スタッフが対応してくれるので、「男性に相談するのはちょっと・・・」という方でも安心して相談できます。
  •  

  • 相談料等の初期費用が無料で、着手金や基本報酬、成功報酬などの費用も『分割払いOK』なので、用意できるお金がない場合も安心して相談・依頼ができます。
  •  

  • 遠方に住んでる相談者のために、事務所のスタッフが『主要都市』まで出向いてくれる、全国対応の『出張面談サービス』があるので、わざわざ事務所に行く必要がなく、近場で面談ができます。

【デメリット】

  • 在籍弁護士が1人だけで、債務整理以外の訴訟も取り扱っているということなので、債務整理専門の弁護士というわけではありません。
  •  

  • 費用は、他の法律事務所と比べてみても決して安くはありませんが、費用の問題だけに拘ってしまうと、「安かろう悪かろう」の弁護士に当たってしまう可能性もあるので注意が必要です。

≪公式サイト≫

伊藤法律事務所

 

サルート法律事務所

親切対応 費 用 専門性 実 績 秘密厳守
総合評価 総合得点
85点

【メリット】

  • 『個人再生・自己破産』の裁判系債務整理を得意としています。
  •  

  • 経歴39年の経験と実績がある債務整理専門の腕利き弁護士が在籍し、担当が変わることなく最初から最後まで対応をしてくれます。
  •  

  • 債務整理前に、無料相談で不安を無くして納得した上で依頼をすることができます。
  •  

【デメリット】

  • 経験と実績はありますが、『女性専用』の対応はありません。
  •  

  • 得意としている『個人再生・自己破産』は、支払う費用が他の法律事務所より多少高めになっていますが、費用の問題だけに拘ってしまうと、「安かろう悪かろう」の弁護士に当たってしまう可能性もあるので注意が必要です。
  •  

  • 費用の分割はOKですが、後払いはできないようになっています。

≪公式サイト≫

弁護士法人RESTA法律事務所

 

いかがでしたでしょうか?

 

債務整理の相談をするうえで、参考になったでしょうか?

 

各法律事務所のメリット・デメリットを含めお伝えしましたが、当サイトで挙げたどの法律事務所も相談者の満足度が非常に高いのです。

 

また、それらの法律事務所は、対応地域が限定されていないので、あなたが全国どこに住まれていても対応が可能です。

 

しかも、どの法律事務所も、無料でメールでの相談から始められるので、安心して相談できますよね。

 

まずは、無料相談をメールからやってみては如何でしょうか。

 

≪弁護士ランキング番外編≫
今回、当サイトでの「債務整理」の弁護士おすすめランキングには入りませんでしたが、決して評価の低くなかった律事務所を番外編としてご紹介させていただきます。その法律事務所は、アディーレ法律事務所、岡田法律事務所、ジャパンネット法務事務所、東京ロータス法律事務所です。