借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

【要注意!】妻(夫)の借金を理由に離婚・慰謝料請求はできない!?

 

夫が多額の借金をしていることが突然分かったら裏切られたような気持ちになるでしょう。

 

離婚して慰謝料を請求したいと考える人も多いです。

 

しかし、配偶者の借金を理由に離婚したり慰謝料を請求すること現実的には難しいです。

 

ほぼ無理と考えていいでしょう。

 

では、なぜ借金を理由に離婚や慰謝料請求ができないのか、今後どうするのが最良の方法なのか説明して行きます。

 

配偶者の借金を理由に離婚できないのか?

自分の周りの人で夫の借金を理由に離婚できたという例を知っている人もいるでしょう。

 

それなら、自分も借金まみれの夫と離婚して慰謝料を請求したいと考えるはずです。

 

しかし、配偶者の借金が理由で離婚できるケースは限られています。

 

大事なのは借金の理由です。

 

夫に浪費癖のあったりギャンブルにはまっていたりして、生活費に充てるはずのお金を使い果たして借金をしていたようであれば、離婚可能な場合もあるでしょう。

 

しかし、夫婦で暮らすための生活費の足しにするために借金をしていた場合には、離婚調停を申し立てても離婚は認められません。

 

転職やリストラなどが原因で収入が下がってしまった場合には、これまでの生活レベルを維持するために借金する人もいます。

 

夫が働かない場合や家にお金を入れない場合とは事情が異なるでしょう。

 

きちんと仕事をしていて、家にお金も入れている状況なら、足りない生活費を借金で賄っているくらいでは離婚はほぼ認められないでしょう。

 

また、浪費家でも浪費や借金の程度が婚姻生活が困難になるくらいでないと離婚が認められないことが多いです。

 

現在通常通り生活できているのであれば、離婚屋慰謝料請求は難しいでしょう。

 

ただ、浮気をしているまたは暴力を振るうような状況であれば、離婚や慰謝料請求が認められます。

 

例えば、借金したお金で浮気相手と遊んでいる場合や、働かないことを咎められて妻を殴るようなケースです。

 

その場合は離婚調停を開いた方がいいでしょう。

 

借金が多いと財産分与や養育費はどうなるのか?

離婚したいと考えている場合、財産分与のことが気になるでしょう。

 

子供がいる場合には、養育費のことも考えておかなければなりません。

 

婚姻中に築いた財産は、基本的に夫婦が共同で得たものと判断されます。

 

そのため、離婚すれば夫と妻が半分ずつに分けます。

 

問題は貯蓄などの財産だけでなく借金などの債務があるケースです。

 

財産も債務も夫名義なら財産だけ半分もらいたいと考えるでしょう。

 

しかし、そう上手くは行きません。

 

財産から債務を差し引いた分を、2人で半分に分けることになっています。

 

財産よりも債務の方が上回る場合には、離婚後は夫の借金の返済義務を負うことはありませんが、財産分与としてもらえるものも何もありません。

 

協議により夫が離婚に応じてくれたとしても、あまりメリットはないと言えるでしょう。

 

子供の養育費に関しては、借金があるなどの事情は関係なく請求可能です。

 

ただ、離婚時に夫の収入が少なければ、養育費の金額もそれに合わせて少なく決められてしまいます。

 

途中で支払いが滞ってしまうリスクもあるでしょう。

 

任意に支払ってもらえない場合には、差押えも可能ですが、裁判所を通して手続きをする必要があります。

 

また、浪費癖がある人なら財産をあまり持っておらず、消費者金融など他の債権者もいる可能性が高いため楽観視できません。

 

離婚よりも債務整理を検討した方が現実的?

夫が自分の浪費や借金について反省していて、心を入れ替えようとしている様子なら、離婚を迫るよりは債務整理を検討してみるのがいいでしょう。

 

離婚について弁護士に相談した場合にも、債務整理を勧める旨の回答が返ってくる可能性が高いです。

 

ただ、浪費癖の程度によっては離婚が可能な場合もあるため、弁護士回答を踏まえた上で検討してみるといいでしょう。

 

結婚している女性の場合には、自由に使えるお金があまりないというケースが多いです。

 

弁護士に相談したくても、費用が気になって二の足を踏んでいる人もいるでしょう。

 

その場合も特に心配いりません。

 

無料相談を実施している法律事務所も多いです。

 

サンク総合法律事務所のように、相談だけなら本人以外の人でも受け付けているところがあります。

 

ただ、正式に債務整理の依頼をする際には、本人が依頼しなければなりません。

 

サンク総合法律事務所なら借金に関する案件をかなり多く手がけているので安心して依頼できます。

 

カードローンでお金を借りすぎた人やカードで買い物をしすぎた人などを相手に、非常に多くの借金問題を解決して来た法律事務所です。

 

住宅ローンが残っていて、マイホームだけは手放したくないなどの要望がある場合も、できるだけ叶える方向で対応してくれます。

 

まとめ

・借金だけを理由に離婚や慰謝料請求をすることはできない

 

・相手が働かない場合や浪費癖が激しくて夫婦生活が成り立たないくらいなら離婚や慰謝料請求ができる場合もある

 

・借金をしている夫と離婚しても財産分与ではほとんど財産をもらえない可能性が高い

 

・夫が反省しているのなら離婚よりも債務整理を検討しよう

 

・無料相談を実施している法律事務所もある

 

・本人以外でも相談可能な法律事務所もある

 

・住宅ローンを支払い途中のマイホームを残して債務整理することも可能