借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

自動車購入のローン審査は債務整理を完了していれば通る?通らない?

 

債務整理後は、マイカーを購入して新しい人生を歩みたいと思う人もいるでしょう。

 

債務整理を完了した後は、すぐに自動車購入のローン審査に通るのは難しいです。

 

しかし、5〜10年程度経過すれば、ローンの審査に通る人もいます。

 

しばらくは我慢しなければなりませんが、債務整理は借金で一度人生を失敗してしまった人が再チャレンジするための制度です。

 

信用情報機関に事故情報が登録されても、いずれ消えるようになっています。

 

債務整理をした記録はどのくらい残るのか

借金の返済が困難になり債務整理をすると、信用情報機関に金融事故として記録が残ります。

 

いわゆるブラックリストです。

 

また、債務整理をするくらい状態だった人は、期日まで返済額分のお金を用立てることができず、入金が遅れてしまったことも多いでしょう。

 

そういった記録も信用情報として残ります。

 

しかし、信用情報機関に登録されている情報は一生残るものではなく、一定期間経過すると自動的に消える仕組みです。

 

これにより借金で一度失敗してしまった人でも再チャレンジする機会が与えられます。

 

事故情報が個人信用情報機関に記録される期間は、債務整理の種類によって異なります。

 

任意整理であれば、返済期間が終わってから5〜7年間です。

 

個人再生と自己破産の場合には5〜10年間記録が残ります。

 

破産をした場合には、手続き完了後に借金が全てなくなるため、後は時間の経過を待つだけです。

 

これに対して、任意整理と個人再生の場合は減額された借金をコツコツ返済して行くことになります。

 

ここでまた遅延などが生じてしまうと、その記録が残るため注意しましょう。

 

また、債務整理により減額された借金の返済も困難になってしまう人が稀にいます。

 

その場合には、新たに債務整理を行うことになるため、事故情報が消えるのはさらに先になってしまいます。

 

記録が残っているうちに審査に通るのは無理か?

債務整理の記録が信用情報機関から消えるのは最短でも5年かかるため、車を購入したい人にとっては、かなり長く感じられるでしょう。

 

場合によっては10年もかかってしまいます。

 

事故情報が残っているうちに申し込んで、審査に通る可能性はないのか考える人もいるでしょう。

 

しかし、銀行や信販会社などでは、ローン審査の際には必ず信用情報機関に情報の照会を行うことになっています。

 

任意整理や個人再生、自己破産などの記録が確認されれば、審査に通る可能性はかなり低いでしょう。

 

審査を行う担当者の立場になって考えてみれば、申込者が他の金融業者からお金を借りて返せなくなった人だと分かっているわけです。

 

自分のところでも同じように返せなくなってしまうのではないかと捉えられてしまうでしょう。

 

どうしても5年も10年も待てない人は、自社ローンのあるカーディーラーや販売店から自動車を購入する方法もあります。

 

銀行や信販会社を利用するのではなく、カーディーラーや販売店が独自に実施している分割払いの方法です。

 

自社ローンの場合には信用情報機関への情報照会を行いません。

 

購入者の年収などに問題がなければ、審査に通る可能性が高いです。

 

しかし、自社ローンのあるカーディーラーや販売店はあまりありません。

 

あまり価格の高い車は対象外になっていることが多く、保証人が必要になることもあります。

 

5〜10年経過後に個人信用情報を確認してから申し込もう

購入したい車が自社ローン利用で買えない場合には、信用情報機関から事故情報が消えるまで待つしかありません。

 

そして、5年程度経過したら、そろそろ信用情報が綺麗になったかと思うでしょう。

 

5年経過してからすぐに申込をする人も多いです。

 

しかし、具体的にいつ事故情報が消えるかどうかは分かりません。

 

消えていると思っていてもまだ残っている可能性があります。

 

ローンを申し込む前に、本当に消えているのかどうか確認しておかなければなりません。

 

信用情報機関はCICとJICC、KSCの3種類あります。

 

いずれも自分の個人信用情報を開示請求可能です。

 

3種類全ての情報機関で事故情報が消えてからローンの申込をしましょう。

 

1つでも事故情報が残っているところがあると、審査に通る可能性は低くなります。

 

また、金融機関選びでも注意が必要です。

 

債務整理をした金融機関や、その系列の金融機関は避けましょう。

 

信用情報機関から記録が消えても、社内情報として債務整理をした記録が残っているためです。

 

社内情報は基本的にずっと消えることはありません。

 

一度債務整理をしたら、同じ金融機関のローンは利用できないと考えましょう。

 

銀行のマイカーローンを利用する際には、保証会社も確認しておく必要があります。

 

系列以外の会社が保証会社になっていることもあるため注意しましょう。

 

申込先と現在の返済能力に問題がなければ審査に通る可能性は高いです。

 

まとめ

 

・債務整理をすると信用情報機関に事故情報として記録が残る

 

・事故情報があるとローンの審査に通るのは難しい

 

・5〜10年経過すると事故情報は消える

 

・自社ローンなら事故情報が残っている間でも利用できる

 

・自社ローンのあるカーディーラーや販売店は少ない

 

・5年以上経過したら3種類全ての信用情報機関で事故情報が消えていることを確認してからマイカーローンを申し込む

 

・債務整理をした金融機関や系列の金融機関は避ける