借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【最新版】債務整理おすすめ弁護士(法律事務所)比較ランキング公開

債務整理は弁護士より司法書士の方が費用が安くおススメってホント?

 

債務整理を検討している人が弁護士を探していると、司法書士事務所でも債務整理を引き受けているところが多いことに気が付くでしょう。

 

司法書士に依頼した場合には、弁護士に依頼するよりも費用が安く済むのが1つのメリットです。

 

しかし、必ずしも安いところがおすすめとは限りません。

 

報酬が安い場合にはそれなりの理由があります。

 

弁護士に依頼した場合との費用の比較

債務整理を検討している人はとにかくお金に余裕がありません。

 

少しでも安く依頼できるところがあれば、費用重視で決めようとするでしょう。

 

一般的に法律事務所に行って弁護士に何かを依頼すると、かなり多額の費用がかかるイメージが強いです。

 

しかし、一般の人が債務整理の手続きを自ら行うのは難しく専門家に依頼せざるを得ません。

 

任意整理なら貸金業者との交渉も必要でしょう。

 

そこで、司法書士でも債務整理を依頼できると知ったなら、司法書士への依頼を検討する人が多いです。

 

大半の人は司法書士なら弁護士よりも安く済むと考えます。

 

個人再生であれば弁護士に依頼した場合にかかる費用の相場は40万円から60万円くらいです。

 

これに対して司法書士なら30万円から40万円くらいで済みます。

 

自己破産に関しても弁護士報酬の相場が30万円から50万円であるのに対して、司法書士の場合は20万円から30万円程度です。

 

個人再生と自己破産に関しては、司法書士に依頼した方が安くておすすめなように見えます。

 

任意整理の場合は弁護士なら着手金と報酬金を合わせて3〜5万円くらいで、減額報酬が10パーセントくらいです。

 

ただ、司法書士に依頼した場合も、ほとんど変わりません。

 

また、債務整理を行うときに過払い金が発見されることもあります。

 

その際には過払い金返還請求も依頼しますが、過払い金返還請求に関して弁護士と司法書士で報酬に大差はありません。

 

債務整理は司法書士に依頼できない案件もある

弁護士と司法書士の費用を比べてみると、任意整理に関しては司法書士を選ぶメリットはあまりないことが分かります。

 

費用にほとんど差がないのであれば、法律の専門家としてのグレードが高い弁護士の方に依頼した方が安心できるでしょう。

 

また、司法書士に任意整理を依頼する場合には、140万円以下の案件でなければなりません。

 

140万円を超える場合には、弁護士と司法書士で迷う余地もなく弁護士に依頼することになります。

 

自己破産や民事再生を検討している人なら司法書士を選ぼうとするかも知れません。

 

しかし、司法書士の場合には、自己破産と民事再生も140万円までの案件までしか扱えません。

 

140万円以下の債務額で破産を検討する人はあまりいないでしょう。

 

個人再生に関しても、少額で行うケースは稀です。

 

通常は任意整理で債権者と交渉をしてみて、上手く行かなかったときに個人再生を検討します。

 

140万円を超える個人再生や自己破産の案件に関しては、司法書士に書類だけ作成してもらう方法もあります。

 

代理業務として行うわけではないため、裁判所での手続きも任せることは法律上できません。

 

それでも少しでも費用を節約するため、書類だけ司法書士に作成してもらって自ら裁判所で手続きを行う人もいます。

 

この場合、司法書士は本人訴訟支援業務として。

 

本人から相談を受けたりアドバイスをしたりすることは可能です。

 

弁護士で安く依頼できるところの方がおすすめ

手持ちのお金があまりないと、どうしても安い方に惹かれてしまいます。

 

自己破産や個人再生だと、弁護士費用だけでなく予納金の分も確保しておかなければなりません。

 

最後まで全部任せることができないと分かっていても、司法書士を選んでしまう人もいます。

 

しかし、弁護士でも司法書士とあまり変わらないくらい安く依頼できるところも多いです。

 

また、サンク総合法律事務所のように個人再生と自己破産の案件で着手金がゼロの事務所もあります。

 

成功報酬は司法書士に依頼するよりも高めですが、一括で支払うのが難しい人は、相談することで分割払いなどにも対応してもらえます。

 

弁護士なら裁判所での手続きまで全て任せることができるので安心でしょう。

 

司法書士に依頼した場合には、全ての業務を代理でおこなうことができず、手続きの一部を依頼者が自ら行わなければなりません。

 

そのため、手続きが上手く進められないこともあります。

 

任意整理の場合はサンク総合法律事務所でも着手金がかかりますが、司法書士事務所と比べて特段高いわけではありません。

 

減額報酬も10パーセントで、司法書士事務所の相場とほぼ同じ水準です。

 

また、着手金に関しても一括で支払えない場合には、相談すれば分割で支払うことができます。

 

そのため、手持ちのお金がなくても、司法書士より弁護士の方がおすすめです。

 

まとめ

・個人再生と自己破産は債務総額が140万円までなら司法書士に依頼可能で費用は弁護士よりも安い

 

・140万円を超える個人再生と自己破産は書類だけ司法書士に作成してもらえる

 

・司法書士に書類だけ作成してもらう場合は、本人訴訟支援という形になる

 

・任意整理は140万円までなら司法書士に依頼できるが、費用は弁護士とあまり変わらない

 

・弁護士でも安く依頼できるところや分割払いに対応しているところがある

 

・弁護士なら全ての事件や訴訟を取り扱えるので、最初から最後まで代理業務として引き受けてくれる