借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

債務整理|任意整理・個人再生・自己破産 の弁護士費用は高い?安い?

 

借金で首が回らなくなったら、債務整理を検討するでしょう。

 

弁護士に手続きを依頼することになりますが、気になるのは費用です。

 

法律の専門家に依頼するわけであるため、それなりに高額な費用がかかります。

 

ただ、弁護士へ支払う報酬額は各事務所で自由に決められるため、高いとこもあれば安いところもあるのが実情です。

 

ここでは債務整理の弁護士費用について説明していきます。

 

お金に困っている人にとっては高くて支払えないのでは?

弁護士報酬は着手金と成功報酬、実費の3つに大きく分かれます。

 

着手金は依頼時に支払い、結果の如何にかかわらず支払わなければならない金額です。

 

任意整理の着手金と報酬金は合わせて3〜5万円くらいに設定している法律事務所が多い傾向にあります。

 

成功報酬は、得られた経済的利益に対して一定割合かかる費用です。

 

債務整理をすると、債権者と相談をして借金の一部や利息の支払義務がなくすことができます。

 

支払義務がなくなった金額が経済的利益に該当するのです。

 

任意整理の成功報酬は減額報酬と呼ばれています。

 

借金が減った分の金額の10パーセントくらいが相場です。

 

借金と今後支払う利息が合わせて100万円減ったとすれば、10万円ということになります。

 

着手金と合わせれば13万円〜15万円くらいです。

 

実費は印紙代や交通費などですがそれほど大きな金額ではありません。

 

1〜2万円程度です。

 

弁護士に15万円支払って借金と利息が100万円も減ったのであれば、安いと感じるでしょう。

 

しかし、任意整理を弁護士に依頼する人のほとんどは、お金に困っている人です。

 

15万円用意するのは大変でしょう。

 

個人再生の場合は着手金が30万円くらいに設定している法律事務所が多いです。

 

成功報酬金は10〜20パーセントくらいです。

 

弁護士費用が高めですが、任意整理よりも大幅に借金を減額できます。

 

ただ、任意整理以上に、お金に困っている人が用立てるのは難しいでしょう。

 

自己破産の場合も、着手金が20〜30万円程度かかり、ほとんど財産を持っていない人が簡単に用意できる金額ではありません。

 

債務整理をした人の多くが弁護士費用をきちんと支払っている

債務整理の手続きを弁護士に依頼するには多額の費用がかかることから、借金で苦しんでいても、債務整理を見送ってしまう人もいます。

 

多額の弁護士費用を払えるだけのお金があれば、借金の返済に充てたいと考える人もいるでしょう。

 

司法書士に依頼すれば弁護士事務所に依頼するよりも安く済みますが、それでもけっこう高額です。

 

しかし、債務整理を行った人の大半はきちんと弁護士費用を支払っています。

 

どのようにして、弁護士費用を用意できるのか気になるでしょう。

 

債務整理をする際に、過払い金が見つかることもあります。

 

その際には、過払い金請求も債務整理と併せて行うことが多いです。

 

場合によっては過払い金の金額が借入金残高を上回ることもあります。

 

その場合には債務整理をしなくても、借金問題を解決可能です。

 

債務整理が必要になった場合でも、過払い金として戻って来た金額の中から弁護士費用を支払えます。

 

ただ、過払い金が発生しないケースもあるでしょう。

 

個人再生や自己破産の場合には予納金も必要になります。

 

どうしても、弁護士費用や裁判所での手続きにかかる費用が支払えない人は法テラスで民事法律扶助を利用することも可能です。

 

しかし、全ての人が利用できるわけではありません。

 

お金に困っている人のことを考慮している法律事務所も多い

任意整理や個人再生を検討していて弁護士に相談しに法律事務所に足を運ぶ人は、初期費用を用意するのが困難なケースが多いです。

 

法律事務所や司法書士事務所でもそのような依頼者の事情を把握しており、お金に困っている人が利用しやすい工夫をしているところもあります。

 

着手金がゼロで成功報酬や解決報酬がその分多めになっている法律事務所も最近では多いです。

 

最初の段階で費用を用意しなくても済む分だけ助かるでしょう。

 

例えば、サンク総合法律事務所なら、初期費用ゼロで債務整理を依頼できます。

 

相談料もかかりません。

 

減額報酬金の支払いは分割払いに対応しているため、債務整理の手続きが終わってから少しずつ支払って行けます。

 

任意整理なら着手金が39,800円、報酬金が19,800円で減額報酬が10パーセントです。

 

債権者が複数の場合には、着手金と報酬金は債権者の数だけかかります。

 

金額だけを見ると、高く感じられるかも知れません。

 

しかし、一度手続きを済ませてしまえば、今後の負担は大きく軽減されます。

 

分割払いにすれば、毎月支払う金額はそれほど大きくありません。

 

一度に大きな金額の報酬金を支払うのは困難でも、少しずつなら払える人も多いです。

 

借金の返済が困難になったら、多少弁護士費用がかかっても、債務整理の手続きを行いましょう。

 

まとめ

・任意整理ならそれほど高額ではないが、お金に困っている人が用意するのは難しい

 

・個人再生と自己破産は着手金だけでも30万円くらいはかかってしまう

 

・個人再生と自己破産は予納金など裁判所に支払う費用も必要

 

・過払い金が発生している場合もある

 

・過払い金として戻って来た金額から弁護士費用を支払うケースもある

 

・分割払いに対応している法律事務所もある

 

・初期費用ゼロで依頼できる法律事務所もある