借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

債務整理|大阪で債務整理の相談をするなら司法書士と弁護士どっち?

 

債務整理について専門家に相談しようと思ったとき、司法書士と弁護士のどちらに相談すればよいのか悩む人は多いでしょう。

 

どちらも債務整理の手続きに対応可能であり、法律相談や債権者との交渉をしてくれます。

 

ここで気になるのが、司法書士と弁護士にどのような違いがあるのかという点です。

 

債務整理の相談をするなら、どちらを選べばよいのでしょうか。

 

ここでは、司法書士と弁護士の業務内容の違いに触れ、どちらを選べばよいかについて説明します。

 

司法書士と弁護士の違いはなに?

弁護士は、借金の額や債務整理の種類にかかわらず代理人になってもらうことができます。法律相談から債務整理まで全ての手続きを任せられる点が弁護士に依頼する大きなメリットです。司法書士は法律により限定された範囲のみを取り扱うことができます。司法書士の制度は、弁護士が行き届かない部分を補完しており、弁護士の人口不足を補っています。法務省の認定を受けた認定司法書士は、一定の範囲で債務整理の手続きを取り扱うことが可能です。

 

司法書士の業務内容とは?

司法書士は、不動産や会社などの登記を行うことが専門です。不動産登記や商業登記、相続手続き、供託などを本来の業務とする資格であるため、債務整理の代理業務ができる認定司法書士についても、少額・簡易・定型的な案件を限定する制度上の制限があります。この制限によって、司法書士が担当する案件が貸金業者に有利な和解になるケースを引き起こされる場合があります。司法書士は、140万円以下の法律相談や債権者との交渉、和解をする権限に限定されるので、140万円超の案件については和解書の作成もできません。また、訴訟を代理できるのは簡易裁判所のみに限られます。

 

司法処理に依頼できるケースは?

司法書士に債務整理を依頼しても問題ないのは「140万円以下の借金を任意整理する場合」かつ、「任意整理の場合」です。また、契約書などの書類が残っており、債権者との間に複雑なトラブルがないことも条件となります。高度な法律の知識や交渉の技術を要する場合は、弁護士に依頼することになります。加えて、個人再生や自己破産を司法書士に依頼した場合は「書類作成代理人」として申立書を作成します。個人再生や自己破産では、「審尋」という裁判官との面談が行われる場合がありますが、司法書士は「代理人」にはなれないので、この審尋には同席できません。弁護士は「代理人」として同席することが可能です。

 

弁護士の業務内容とは?

弁護士は、すべての法律業務を取り扱うことができます。法律に関する高度な知識があり、多様な法律業務を行なうことが可能です。借金返済に関する法律相談をはじめ、債務整理に必要な書類作成や手続き、債権者との交渉、裁判所への申し立てや出廷なども依頼者の代理人として行ってくれます。また、司法書士には担当できる個別の借金の額に限度があるため、回収できる過払い金にも制限がありますが、弁護士は制限なく対応することが可能です。

 

弁護士に依頼できるケースは?

弁護士はすべての債務整理において代理人になることが可能です。基本的にはどのようなケースでも依頼することができます。とくに、一社あたりの借金や過払い金が140万円を超える場合は弁護士が適しています。また、個人再生・自己破産を行なう場合も、司法書士は代理人になることができないので、この場合は弁護士に依頼しましょう。ちなみに、借金や過払い金が140万円を超えるかどうかわからない場合も、弁護士に任せておいた方が安心できます。

 

弁護士と司法書士の費用に差はあるの?

よく「司法書士は弁護士よりも費用が安く済む」という話をききますが、最近は競争が激しくなっていることもあり、多くの弁護士事務所が無料相談を行なったり、分割払いに対応していたりします。よって、ひと昔前よりもかなり敷居が低くなっています。
個人再生や自己破産の場合、司法書士は「代理人」になれないので、業務が制限されている分は司法書士の方が安くなります。しかし、任意整理や過払い金請求の報酬金においては、ほとんど費用の差はありません。一番重要なのは債務整理の結果なので、費用の安さだけでは選ばない方がよいでしょう。

 

司法書士と弁護士のどちらを選べばよいの?

「司法書士は弁護士と比べて費用が安い」と思っている人は多いのですが、じつはあまり変わりません。加えて、弁護士にできて司法書士にできないことは意外と少なくありません。司法書士に着手金を払ったけど、けっきょく弁護士に依頼をしなおして余計に費用がかさんでしまったというケースもよく耳にします。「司法書士は費用が安い」という思い込みや、「弁護士は近寄りがたい」というイメージに影響されず、自分の借金の額や状況に合わせて考えてみましょう。債務整理の取り扱いに制限がないので、どちらかと言えば弁護士を選ぶ方がおすすめです。

 

大阪で債務整理の相談をするなら、おすすめは?

大阪では相談者の多様なニーズに応えようと、法律事務所も司法書士事務所も競争が激化しています。女性が話しやすいように相談員やスタッフを女性で揃えている機関や、「女性の借金問題」に特化した法務事務所など、その個性は様々です。配偶者に内緒にしている借金返済で悩んでいる人にも親身に対応してくれると評判です。大阪で有名な大手弁護士事務所は『アディーレ法律事務所』がありますが、債務整理に強い司法書士として有名な金井一美先生もおすすめです。今はメール相談受付を実施している事務所も多いので、まずは公式サイトを確認してみましょう。

まとめ

・司法書士と弁護士の業務内容と依頼できるケースを押さえておこう
・司法書士は「140万円」がキーワードになり、借金や過払い金がこれを超えると取り扱いができない
・弁護士は全ての債務整理の案件を取り扱うことができる
・どちらかと言えば、債務整理の取り扱いに制限がない弁護士を選ぶのがおすすめ
・大阪は弁護士事務所も司法書士事務所も競争が激しく、個別の悩みに特化した事務所が多いので、まずは公式サイトを確認して自分にあった専門家を選ぼう