借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

債務整理|任意整理で完済したら車をローン購入することができるの?

 

債務整理で一番多くの人に選ばれる「任意整理」。

 

任意整理は債務整理後も支払いが続きますが、それを完済すれば新たなローンが組めるのでしょうか?

 

とくに、新たな自動車ローンを組めるかどうかは事前に確認しておきたいポイントです。

 

地方に住んでいて交通手段が限られている人や、運送業やドライバーとして仕事をしている人にとって車は必要不可欠です。

 

ここでは、任意整理で完済したら、車をローン購入することができるかどうかについて説明します。

 

「任意整理」ってなに?

まず初めに、「任意整理」が何なのかについて軽く触れておきます。

 

任意整理とは、債権者と交渉して返済の方法や返済額を支払いが可能になるような条件にしてもらう手続きです。

 

任意整理は裁判所を通さず、直接貸金業者や信販会社とやり取りをします。

 

もちろん、この手続きを弁護士や司法書士に依頼することが可能です。

 

債務整理の手続きの中で、一番多いケースが任意整理です。

 

この手続き中に、「過払い金」が発生していることがわかった場合は「過払い金請求」をして返済に充当することができます。

 

これにより、借金を完済することや返済額の減額ができる可能性があります。

 

任意整理をすると、信用情報はどうなるの?

任意整理をすると、信用情報機関には事故情報が5年間登録されます。

 

これが俗に言われている「ブラックリストに載る」という状態です。

 

信用情報にはクレジットカードやローンの契約内容のほかに、支払いの状況や延滞の履歴、債務整理の事故情報などが登録されます。

 

ちなみに、事故情報の登録期間は個人再生でも5年、自己破産では事故情報は10年です。

 

任意整理の事故情報が載るタイミングはいつ?

支払いの延滞があったときなど、何かが起こった時点で事故情報は登録されます。

 

よって、任意整理をしたときから5年間が事故情報の登録期間となります。

 

「任意整理をして完済後の5年間はブラックリストに載っている状態である」と、勘違いをしている人がいますが、厳密に言うとそれは間違った情報です。

 

信用情報における事故があったときに事故情報が登録されるからです。

 

つまり、任意整理後に数年で完済したとしても、ブラックリストに載る期間は5年間です。

 

任意整理で完済したタイミングは、信用情報に関係ないの?

信用情報機関は全部で3つあります。

 

それが日本信用情報機構(JICC)と、シーアイシー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)です。

 

先述した通り、任意整理をした時点で事故情報が登録されますが、3つの信用情報機関のうちJICCのみが任意整理の事故情報を記載しています。

 

よって、他の2つの機関には事故情報が登録されません。

 

しかし、任意整理をする前に3カ月以上のあいだクレジットカードの支払いが滞ったり、借金返済を延滞したりしていた場合も事故情報として登録されます。

 

これを「異動」と言います。

 

異動の記録は、完済によって異動の原因が終了した時点から5年間は残ります。

 

よって、任意整理後の完済したタイミングは事故情報の登録期間に大きな影響を与えます。

 

任意整理で完済したら、車をローン購入できるの?

これは個人のケースによるので一概には言えません。

 

しかし、少なくとも任意整理をしてから最低5年間は事故情報が残っているので、5年は期間をあけた方がよいです。

 

もしも任意整理後に3年で借金を完済したとしても、事故情報の登録機関が任意整理をした時点から5年間なので、事故情報が残っている状態です。

 

よって、最低でも5年間、または、任意整理後に完済してから5年間は期間をあけた方がよいです。

 

また、会社としてブラックリストを残している場合があるので、任意整理をしたときの相手先の同系列の会社や金融機関は避けて、新たなローン申し込みをしましょう。

 

任意整理後の支払い状況は、信用情報に関係ないの?

任意整理後の返済において、支払いの延滞や遅滞があった場合は新たな事故情報が信用情報機関に登録されます。

 

任意整理や個人再生の場合は、債務整理後も借金の返済がありますが、これを完済するとローン審査に通る可能性は高くなります。

 

銀行などの金融機関が審査をするとき信用情報を確認しますが、それを見れば返済期間や返済状況がわかります。

 

よって、債務整理後に完済していれば、ある程度は支払い能力があると認められることがあります。

 

また、頭金を多めに用意して借入金額を少なくすれば、ローン審査に通りやすくなります。

 

まとめ

・任意整理をしたタイミングで信用情報に事故情報が登録される

 

・任意整理後に数年で借金を完済しても、事故情報は5年間残る

 

・支払い延滞で信用情報に「異動」が記載されている場合は、「異動」の原因となった債務を完済してから5年間は事故情報が残る

 

・任意整理後の債務返済状況も信用情報に影響する