借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

債務整理|ローンの保証人になっていて債務整理をしたらどうなるの?

 

もしもローンの保証人になっていたとき、主債務者が債務整理をしたら自分にはどのような影響があるのでしょうか。

 

主債務者と同じようにブラックリストに載ってしまうのかどうか、とても気になるところです。

 

また、反対に自分が債務整理をしたいと思ったときに、誰かのローンの保証人になっていたら、債務者にはどのような影響があるのでしょうか。

 

例えば、自分が配偶者のローンの保証人になっていた場合、保証人である自分が債務整理をするとなったら、配偶者はローンを一括返済するなどのペナルティがあるのでしょうか。

 

ここでは、「債務整理をした場合の保証人への影響」と、「ローンの保証人が債務整理をした場合の主債務者への影響」について説明します。

 

そもそも、保証人の役割は?

まず初めに、保証人になるとどのような責任が発生するのかを確認しておきましょう。

 

保証人とは、ローンを組む本人である主債務者が借金を返済できなくなった場合に備えて、主債務者の代わりに借金返済をする義務を負う人のことです。

 

保証人をつけることによって、主債務者が支払い不能になった場合でもローンを返済するように担保しています。

 

精神疾患がある人や未成年を除けば、誰でも保証人になることができます。

 

「保証人」と「連帯保証人」に違いはあるの?

保証人には、「連帯保証人」と通常の「保証人」の2種類があります。

 

この2つには違いがあり、連帯保証人は通常の保証人よりも責任が重くなります。

 

連帯保証人の場合は、債権者からの請求を受けたときに、借金の支払いを拒否することはできません。

 

これに対して、通常の保証人の場合は、債権者から請求を受けたとき、「先に主債務者に支払いをさせてほしい」と、断ることができます。

 

また、主債務者が借金を返済できるにも関わらず返済を拒否した場合、保証人は貸金業者に対して「主債務者に資力があるので支払いさせてほしい」と主張することができます。

 

加えて、保証人が複数名いる場合は、保証人はその頭数で割った金額を返済すればよいのですが、連帯保証人はすべての人が全額を返済しなければなりません。

 

現在は、ほとんどのケースで連帯保証人がつけられているので、「保証人」=「連帯保証人」を意味すると捉えてよいでしょう。

 

債務整理すると、ローンの保証人はどうなるの?

主債務者が消費者金融などから借り入れをしていて債務整理した場合は、代わりに借金返済をするよう保証人の方に取り立てがきてしまいます。

 

このとき、返済ができないと保証人も信用情報機関に事故情報が登録されてしまうので、俗に言う「ブラックリストに載る」という状態になります。

 

よって、その後新規のローン契約を申し込んでも審査が通らず、一定期間は借り入れやクレジットカードを作ることができなくなってしまう恐れがあります。

 

また、主債務者の代わりに返済ができないことで、保証人も債務整理をするなどの対応をする必要があります。

 

ここでは、債務整理の種類ごとに保証人への影響を紹介します。

 

任意整理の場合

弁護士が代理人になるので依頼人である主債務者への取り立てはストップしますが、減った分の借金の支払い請求は保証人にいくことになります。

 

よって、保証人付きの借金がある場合は、保証人と話し合って主債務者の代わりに返済してもらうか、保証人の方も同時に債務整理を行う必要があります。

 

しかし、任意整理は整理する対象を選ぶことができるので、保証人付きの債務を整理の対象にしなければ、保証人には影響がありません。

 

また、主債務者と保証人が連名で任意整理すれば、保証人への一括請求を免れることができます。

 

また、これは特定調停の場合も同じです。

 

個人再生と自己破産の場合

これらの債務整理の場合は、任意整理のように借金の分割払いができなくなるので、保証人に残債を一括で支払うよう請求がいきます。

 

主債務者が個人再生や自己破産をしても、保証人の債務は減額されたり免責されたりしません。

 

もし保証人も残債の支払いができない場合は、保証人自身も自己破産など債務整理の手続きをしなければなりません。

 

ローンの保証人が債務整理すると、主債務者はどうなるの?

これは債権者の意向によります。

 

主債務者ではなく、保証人が自己破産などの債務整理を行った場合は借入先の金融機関によって対応が異なります。

 

保証人が債務整理をした場合「債務者の権利を失い、ただちに借入金を一括で返済しなければならない」といった規定がある場合には、債権者からの求めに応じて残金を一括して返済しなければならない義務があります。

 

しかし、信販会社や銀行などの金融機関にそういった規定が設けられていない場合や、それまでに主債務者が延滞することなく返済をしているのであれば、新しい保証人を立てれば問題ないようです。

 

まとめ

・主債務者が保証人付きの借金を債務整理すると、保証人が支払い義務を負う

 

・任意整理の場合は、保証人のへの影響をおさえられることがある

 

・主債務者が債務整理をして、保証人も支払いができなければ、保証人の信用情報にも事故情報が記載される(ブラックリストに載る)

 

・保証人が債務整理をした場合は、新しい保証人をたてればとくに影響はないことがあるが、債権者の規定によるので一概に断言はできない