借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

債務整理|ローンの審査に通るケースがあるってホント?その真相は?

 

債務整理をすると、その後の人生にどのような影響があるのでしょうか。

 

生きていれば家族が増えたり、引っ越しをしたり、転職をしたりすることで自分をとりまく環境は変わっていきます。

 

それに伴って大きな買い物をするとき、新たな借り入れを利用することがあるかもしれません。

 

とくに、車や住宅購入でローンを使えるかどうかは、気になるところです。

 

住む場所や仕事、将来設計に関連するので事前に確認しておきたいポイントでしょう。

 

今回は、債務整理をした後にローンの審査に通るかどうかについて説明します。

 

債務整理をすると、信用情報はどうなるの?

クレジットカードやローンの返済を延滞したり、債務整理をしたりすると「ブラックリストに載せられる」と言われています。

 

それが「信用情報に事故情報が載る」という状態です。

 

しかし、事故情報には登録期間が決められているので、債務整理をしたからと言って永久に事故情報が残るわけではありません。

 

事故情報の登録機関は任意整理と個人再生は5年、自己破産は10年です。

 

この期間が過ぎれば事故情報が消えるので、新たなローンを組むときに審査で事故情報を見られることはありません。

 

債務整理した金融機関にローン申込みしても大丈夫なの?

債務整理をした相手のグループ会社に新たなローン申込みをするのは避けた方がよいです。

 

例えば、大手消費者金融が属している金融機関が運営しているグループ会社にローン申込みをしたとき、5年〜10年の事故情報登録期間が経過していても住宅ローンの審査が通らないことがあります。

 

よって、債務整理後はそれまで利用していた金融機関とは関連性のない地方銀行に口座をつくって貯蓄しておくことが重要なポイントです。

 

その金融機関で信頼の実績を作っておけば、その後の住宅ローンなどの融資を受けるときに有利に働きます。

 

ローンの申し込みは、事故情報が消えるのを待つしかないの?

事故情報が信用情報機関に登録されている期間であっても、新たなローン審査が通ることがあります。

 

ローンを申し込むタイミングや申込先を選べば、債務整理をした後でも車の購入や住宅購入をすることが可能になります。

 

ここでは、事故情報が消える前にローンが通ったケースを紹介します。

 

「自社ローン」で車が持てるってホント?

信用情報に事故情報が残っていても「自社ローン」を利用して自動車を手に入れることができるかもしれません。

 

「自社ローン」とは、中古車販売店が独自に分割払いを受け付けてくれるローンのことです。

 

信販会社や金融機関を通さず、販売店が直接融資するかたちなので、信用情報が見られることはありません。

 

中古車購入額の返済が可能であると見なされれば審査に通ります。

 

ただし、自社ローンを利用すると、ローンの支払いが終わるまで所有権は販売店名義になるだけでなく、保証会社に入ることが条件とされたり、保証料の負担が必要となったりすることがあります。

 

債務整理をしても、住宅ローン審査に通る方法はあるの?

氏名や住所などの個人情報のほかに、住宅ローン審査でみられるポイントは大きく分けて3つ。

 

申込人の収入と、属性、信用情報です。年収と月収から月々のローン返済負担率を計算し、勤続年数や勤務先から収入の安定性をみて、信用情報からクレジットカードの利用状況や月々の返済状況を調べています。

 

この3つのポイントをクリアすれば住宅ローンの審査に通ります。

 

よって、収入があって個人信用情報のきれいな自分以外の家族をローンの申込人にすれば良いのです。

 

債務整理をしても、保証人になっていなければ、配偶者や家族の信用情報に影響は及びません。

 

高収入なら、住宅ローン審査に通るってホント?

年収も高くて、勤務先の評価も高く、保証人の評価も高い場合は、事故情報が残っているにも関わらず住宅ローンの審査に通ることがあります。

 

例えば、公務員は収入が安定しており、社会的に信用の高い職業です。

 

よって、任意整理をするときに債権者との交渉がしやすい上に、任意整理後の住宅ローンの審査も通りやすい傾向があります。

 

これはまれなケースではありますが、収入や属性に自信がある人ならローン審査に通ることがあるかもしれません。

 

しかしながら、個人再生で債務を大幅に減額したり、自己破産で借金をゼロにしたりしている場合は審査に通らない可能性が高いです。

 

任意整理で完済している点が審査の分かれ目となりそうです。

 

債務整理をしたら、住宅ローンの借り換えはできないの?

住宅ローンは新規の申し込みも借り換えも信用情報をみられるので、審査に通らない可能性が高いです。

 

しかしながら、債務整理前に借り換えをすることで月々の返済額が少なることがあります。

 

たとえば、数十年前の金利が高いときと比較すると現在の金利の方が低いので、総返済額を減らせることがあります。

 

また、借り換えで長期固定金利ローンを利用すれば、月々の返済計画の予定がたてやすくなります。

 

もちろん、返済期間や手数料等を加味して考える必要があるので、借り換えで総返済額が減るかどうかは個人のケースによって異なります。

 

債務整理前の借り換えが気になる人は、弁護士などの専門家に相談してみましょう。

 

まとめ

・信用情報における事故情報は5年〜10年は消えない

 

・信用情報に事故情報が残っていてもローン審査に通るケースがある

 

・職業や収入、ローン申し込み先を選ぶことがローン審査の分かれ目となる

 

・「借り換え」で総返済額を減らして、債務整理を回避できることがある

 

・借り換えの相談やローンに関する不安は弁護士に相談した方がよい