借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

債務整理をすると住宅ローンの審査が通らなくなるってホント?ウソ?

 

債務整理を考えるとき、未来への影響が頭をよぎると思います。

 

結婚やマイホーム購入を考えたり、家族がいれば自分の子供が住宅ローンを組むときに連帯債務で申し込みをしたりするかもしれません。

 

しかし、債務整理をしてしまったら、その後の人生で住宅ローン審査に通ることは難しいのでしょうか?

 

自分のパートナーや家族に影響が及ぶことなので、事前に確認しておきたいポイントです。

 

今回は、債務整理をした後でも住宅ローンの審査が通るか否かについて説明します。

 

住宅ローンを申し込むと、何を調べられるの?

住宅ローン申し込み書類を揃えるのは、意外と手間がかかります。

 

年収や家族構成などを事細かに申告する記入欄の多い申込書類を書くことに加えて、収入確認資料や印鑑証明、謄本などを準備します。

 

このとき、一緒に調べられるのが「信用情報」です。

 

月々のローン返済負担率が月収に収まっていても、他の割賦金や残債と合算して計算すると、ローン返済負担率がオーバーしていることがあります。

 

よって、「信用情報」はローン計算をするうえで必要不可欠な情報であり、ローン審査においてかなり重要度が高いです。

 

住宅ローン審査で見られる、「信用情報」ってなに?

「信用情報」とは、クレジットカードを利用した買い物履歴や、ローンの返済期間、支払い状況、残債などを表す情報です。

 

クレジットやローンのような現金を使わない取引を「信用取引」といいます。

 

そして、個人の信用を客観的に表した情報が「信用情報」です。

 

ちなみに、「個人情報」は氏名・生年月日・住所などの情報を指すものであり、「信用情報」とは異なります。

 

信用情報には、クレジットカードやローンの契約内容のほかに、期日までに全額返済しているかなど利用実績も含まれています。

 

そして、クレジット会社や銀行は新たな借り入れの申し込みを受けたとき、信用情報を照会しています。

 

このとき、債権者となる信販会社や金融機関は申込人の利用残高など、借金の状況をみて、新たな借り入れの審査を通すかどうかを判断しています。

 

自分の信用情報はどうやって確認できるの?

個人信用情報は「開示」という手続きをすることで、確認することができます。

 

これは、インターネットか郵送、窓口で手続き可能です。

 

確認できるのは本人の情報のみで、家族や知人の情報開示はできません。

 

手続きにかかる手数料は登録機関によって異なり、五百円〜千円かかります。

 

個人信用情報は以下の3つの指定信用情報機関に登録されています。

 

日本信用情報機構(JICC)
消費者金融、信販会社、クレジットカード会社、その他金融機関などが加入する信用情報機関。

 

全国銀行個人信用情報センターが前身であり、カードローンなど同日中の多重申込み情報はリアルタイムで更新されている。

 

シーアイシー(CIC)

信販会社、クレジットカード会社。

 

銀行系金融機関や消費者金融も数多く加盟している信用情報機関。

 

月一回以上の登録情報更新が義務づけられているので情報精度が高い。

 

クレジットカードの支払いが遅れたり、信販会社とのローン延滞や債務整理をしたりした場合には、事故情報が登録される。

 

全国銀行個人信用情報センター(JBA)

銀行や銀行系クレジットカード会社、信用保証協会、農協、信用金庫などの金融機関が加盟。

 

ブラック情報登録内容はJICCやCICと同じですが、全国銀行個人信用情報センターだけ自己破産の官報情報を登録しています。

 

過去の債務整理など、全ての履歴は永久に残るの?

債務整理をすると、3つの信用情報機関に登録されます。

 

これが俗に言われている「ブラックリストに載る」という状態です。

 

しかし、債務整理をしたからと言って永久に登録されるわけではありません。

 

事故情報の登録期間は信用情報機関によって定められています。

 

債務整理の登録機関はJICCとCICが5年、JBAが10年です。

 

つまり、5年もしくは10年経過すれば事故情報は消えます。

 

債務整理をしたら、住宅ローン審査に通らないの?

任意整理と個人再生の登録機関は5年、自己破産の場合でも10年で事故情報は消えます。

 

よって、一定期間の時間をおけば、自分で住宅ローンの申し込みをして審査に通る可能性は十分にあります。

 

住宅ローン申込時に事故情報が残っているかどうか不安な人は、事前に信用情報機関に情報開示をしてもらって確認すれば良いのです。

 

また、債務整理をしたときに家族が連帯保証人になっていなければ、家族や配偶者の信用情報には影響がありません。

 

まだ事故情報が登録されている期間でも、自分以外の家族がローンの申込人になれば審査に通る可能性があります。

 

過払い金請求のタイミングは関係ないの?

住宅ローンの申し込み前に過払い金請求をすると、審査が通らなくなることがあります。

 

これは、過払い金の引き直し請求をしたタイミングで一時的に事故情報が登録されてしまうためです。

 

過払い金が返金されるタイミングで事故情報は消えますが、過払い金返還請求をした債権者のグループ会社や同系列の金融機関のローン審査に通らなくなることがあります。

 

また、債務が残っている状態で過払い金請求をしたとき、引き直し計算をしても債務がゼロにならない場合は単なる債務整理となるので、事故情報が登録されてしまいます。

 

よって、過払い金請求の計算や住宅ローン申込のタイミングについては、弁護士などの専門家に相談することを推奨します。

 

まとめ

・住宅ローン審査では「信用情報」が調べられる

 

・債務整理をすると信用情報に「事故情報」が登録される(ブラックリストに載る)

 

・信用情報における事故情報は永久に残るわけではない

 

・一定期間の時間をおいてから住宅ローンを申し込みすれば審査に通る可能性がある

 

・過払い金請求がからむ場合には弁護士などの専門家に相談した方がよい