借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【最新版】債務整理おすすめ弁護士(法律事務所)比較ランキング公開

債務整理をした場合 ローン購入して返済中の車はどうなってしまうの?

 

債務整理をしようと考えたとき、「自分が所有している財産は全てなくなってしまうのか?」と不安になると思います。

 

とくに、ローン購入して返済中の車は気になるポイントです。

 

交通手段が限られている地方に住んでいる人や、仕事で車を使っている人にとっては、車を失ってしまうことは死活問題です。

 

債務整理をしたら、ローン返済中の車も手放さなければいけないのでしょうか?

 

今回は、債務整理をした場合に、ローン返済中の車が残せるかどうか説明します。

 

債務整理の方法はいくつあるの?

話をすすめる前提として、債務整理の方法が3つあることを押さえておきましょう。

 

債務整理の方法によって、ローン返済中の車が残せる可能性が変わってきます。

 

ご自身の現状と将来を考えて、最適な債務整理の方法を選択することが重要です。

 

任意整理とは

これは弁護士や司法書士が債権者である貸金業者と交渉をして、支払いが可能になるような条件での借金返済を合意させる手続きです。

 

これにより、債務者は金利などを差し引いて減額された借金を3〜5年以内に返済することになります。

 

任意整理をすると、5年程度の一定期間は個人信用情報に事故情報が載ってしまいます。

 

いわゆる、「ブラックリストに載る」という状態です。

 

また、銀行など金融機関の自動車ローンで「所有権留保」がついてない場合には、債務整理の対象外として車を残すことができる場合があります。

 

しかし、高額な自動車ローンを残しておくことで借金があまり減額できないことがあるので、任意整理をすることの意味がなくなってしまう恐れがあります。

 

個人再生とは

これは住宅等の高額な財産を残したまま債務を大幅に免責してもらう手続きです。

 

裁判所に申し立てをすることで、原則として債務が5分の1に減額され、これを3〜5年以内に返済することになります。

 

個人再生をすると、7年〜10年間は信用情報に事故情報が載ってしまいます。

 

信用情報機関によって、破産履歴の保有期間は異なります。

 

なお、車に「所有権留保」がついていない場合に限り、手元に残せる可能性があります。

 

また、個人再生で車を残すためにできることは、車のローンの残債を一括返済することや、車の名義人の変更、別除権協定や、担保権消滅許可の申し立てがありますが、これらの手続きは非常に複雑なため、弁護士などの専門家に相談する必要があります。

 

自己破産とは

これは、全ての借金を免除してもらう手続きです。裁判所に「破産申立書」を提出し、「免責許可」というものをもらいます。

 

破産ができるのは、「支払い不能」となった場合であり、債務者の返済額、収入、資産等の状況から総合的に判断されます。

 

自己破産をすると、7年〜10年間は信用情報に事故情報が載ってしまいますが、破産から5年程度経過した時点でクレジットカードの契約審査に通ることもあります。

 

自己破産では借金がゼロになるので、ローン返済中の車も手放すことになります。

 

また、車のローンをすでに完済している場合でも、時価で20万円以上の価値がある場合には処分の対象となるので、車を残しておくことはできません。

 

「所有権留保」ってなに?

まず初めに「所有権」と「留保」というキーワードを押さえておきましょう。

 

一つ目の「所有権」とは、物を自由に支配できる権利です。

 

すなわち、自分が好きなときに使ったり、売ったり、捨てたりすることができる権利です。

 

二つ目の「留保」とは、すぐに行わないこと、とどめておくという意味です。

 

車を例にして「所有権留保」を説明すると、車の購入者が車を自由に運転することはできても、車の所有権は販売店や信販会社のもとにとどめておかれているので、車の転売や処分はできない状態です。

 

言い換えれば、車を担保にとっているのです。

 

所有権留保の確認はどうすればいいの?

これは自動車検査証(車検証)を見て確認することができます。

 

車検証の中央には「所有者」の住所と氏名が記載されています。

 

この「所有者」の欄に、自動車販売店または信販会社の名称が記載されていれば、車が「所有権留保」であることがわかります。

 

また、自動車販売店の店主の氏名が記載されていることもあります。

 

加えて、車検証の「所有者」の欄が、ご自身の個人名義、もしくは家族などの個人名義になっている場合には、「所有権留保」ではないことがわかります。

 

債務整理における車の取り扱いは難しいの?

車を残せるかどうかの判断は非常に難しいと言われています。

 

それは、個人の生活パターンや仕事の状況によって、判断されるからです。

 

他者の経験談をきいたり、車を残せる確率を考えたりするよりも、弁護士に相談することが確実です。

 

自分の経済状況や今後の見通しを踏まえて手続するよりほかに手段はありません。

 

車がないと生活に困る環境の人や、仕事で車が必要な人は不安で眠れないかもしれませんが、まずは専門家に相談することを考えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

・債務整理の方法によって、車を残せる確率が変わる

 

・債務整理をしても、ローン返済中の車を残せる場合がある

 

・キーワードは「所有権留保」

 

・車に所有権留保がついているかどうかは車検証で確認できる

 

・車を残せるかの判断は難しいので、弁護士など専門家に相談するべき