借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

家(マイホーム)の住宅ローン審査は債務整理をしていても大丈夫??

 

家を建てる際には、金融機関で住宅ローンを組んで融資を受けるのが一般的ですが、審査に通るかどうか不安でしょう。

 

過去に借金で債務整理をしたことのある人は、落とされてしまうのではないかと考えてしまいます。

 

実際に住宅ローンの申込をして審査に落ちてしまった人もいるでしょう。

 

結論から言うと、債務整理をしてしばらくは住宅ローンの審査に通るのはかなり難しいです。

 

しかし、一生家を建てられないわけではありません。

 

債務整理をすると信用情報機関に記録が残ってしまう

債務整理には4種類あります。

 

任意整理と特定調停、個人再生、自己破産です。

 

過去に弁護士や司法書士に依頼してこれらの債務整理を行ったことのあるのなら、信用情報機関に個人情報の記録が残っています。

 

住宅ローンの審査では、必ず指定信用情報機関へ個人信用情報の照会を行うので、隠し通すことはできません。

 

それでも、年収がそこそこ良ければ住宅ローンの審査に通るかなと考える人もいるでしょう。

 

債務整理を行ったということは、借入金やローンの返済が滞っていたことを意味しています。

 

また、借りた金額のうちの一部は返済義務を免除してもらっているでしょう。

 

債権者から見れば、貸したお金が返って来ないまま取り立てる権利さえ失ったことになります。

 

それまで督促をするなどの手間もかかり、かなり迷惑を被ったと言えるでしょう。

 

銀行側から見て、そのような借金を返せなくなった人に住宅購入のための資金を貸したいと思うでしょうか。

 

住宅ローンは有担保であるため、無担保で金利が高い消費者金融からの借入とは事情が異なります。

 

それでも、返済期間が長期にわたることもあり、あまり融資をしたくないと考えるのが普通でしょう。

 

そこそこの年収があっても、個人信用情報に債務整理をした記録があれば信用はほぼゼロです。

 

また返済が滞ってしまうのではないかという目で見られてしまいます。

 

住宅ローンを組むことはもちろんのこと、連帯保証人になることもできません。

 

債務整理をしても5〜7年後には住宅ローンの審査に通る可能性あり!

信用情報機関に記録されている情報は、一生残るわけではありません。

 

時間の経過とともに古い情報が消えて行く仕組みです。

 

良い記録だけでなく債務整理のような事故情報もいずれは消えるので、まだ家を建てるチャンスが残っていると言えます。

 

信用情報機関は3箇所あり、債務整理の種類によっても記録が残る期間はまちまちです。

 

記録期間に目安はあるものの、はっきりと決まっているわけではありません。

 

債務整理をした人の中でも早く記録が消える人と、遅くまで残ってしまう人がいます。任意整理と特定調停、個人再生は5年くらいで消えると考えていいでしょう。

 

自己破産の場合も5年で消えることがありますが、7〜10年かかってしまうことが多いです。

 

信用情報機関の記録は開示請求が可能なので、住宅ローンを申し込む前に本当に記録が消えているか確認しておきましょう。

 

事故情報の記録が残ったままで申込をすると審査落ちするだけでなく、申込をして落ちた記録が残ります。

 

半年で消える記録ですが、信用情報機関から事故情報が消えた後も、申込をした銀行には内部情報として残るため注意が必要です。

 

銀行からの借入に関して債務整理した場合も、内部情報として残っています。

 

3箇所の信用情報機関全てで債務整理の記録が消えた後なら、住宅ローンの審査に通る可能性があります。

 

債務整理をしたばかりの人にとっては5〜7年先になってしまいますが、諦めてはいけません。辛抱強く待ちましょう。

 

住宅ローンの審査に向けて何をしておけばいいのか?

債務整理をした記録が信用情報機関から全て消えたことを確認したら、いよいよ住宅ローンを申し込むことになります。

 

やっと家を建てることができると喜ぶでしょう。

 

しかし、債務整理をした記録がなくなっても審査に通るとは限りません。

 

事故情報が全くないはずなのに、審査に落ちてしまう例も見られます。

 

事故情報が消えるまで待った場合、良い情報も消えてしまうことが主な原因でしょう。

 

債務整理をした後は、新規でローンを利用したりクレジットカードを作ったりすることができません。

 

利用中のクレジットカードがあっても、有効期限到来時に信用情報から債務整理をしたことが分かり、更新を拒まれてしまいます。

 

しばらくは、ローンもクレジットカードも利用できず、信用情報はまっさらな状態なのです。

 

通常ならクレジットカードくらいは使うはずで、利用した記録が全くないのは不自然に見えます。

 

銀行の審査担当者は債務整理をして記録が消えるまで待っていたのかと疑うかも知れません。

 

そのため、事故情報が完全に消えたら、すぐに住宅ローンを申し込むよりも、2年程度クレジットカードの利用やスマートフォンの割賦購入などで、良好な信用情報を構築するのが望ましいです。

 

それから住宅ローンを申し込むと審査に通る可能性が高くなるでしょう。

 

まとめ

・信用情報機関に債務整理の記録が残っているうちはローンを利用できない

 

・信用情報機関の事故情報は5年程度で消える

 

・記録が消えたかどうかは個人信用情報の開示請求で確認可能

 

・3箇所ある信用情報機関の全てで事故情報が消えていなければならない

 

・信用情報機関から事故情報が消えても銀行に内部情報として残っている可能性あり

 

・事故情報が消えた直後は良い情報も消えていてまっさらな状態

 

・良い情報を少し残してから申込をすると万全