借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【最新版】債務整理おすすめ弁護士(法律事務所)比較ランキング公開

債務整理とは|債務整理にはどんなメリットとデメリットがあるの??

 

「債務整理」にネガティブなことを連想してしまう人は多いと思います。

 

実際に債務整理をすると、一定期間は新たに借金することが難しくなるなどのデメリットが生じます。

 

しかし、債務整理をすることで得られるメリットはたくさんあります。

 

高額な金利が免除されたり、借金の返済額が減額されたり、借金を支払わなくてよくなることなど、借金苦から抜け出せる有効な手段になります。

 

今回は、債務整理のメリットとデメリットをご紹介します。借金でお困りの方や、身内の借金でお悩みの方には、知って得する情報が満載です。

 

債務整理をした場合のデメリットとは

債務者の方からの、よくある質問をまとめました。

 

債務整理をすると、ブラックリストに載せられるの?
はい。ブラックリストに載る、すなわち、個人信用情報に債務整理の履歴が載ります。

 

ちなみに、正式には「ブラックリスト」というものは存在しません。正式には「個人信用情報に事故情報が載る」ことを指します。

 

事故情報が載ると、新たな借り入れや、クレジットカードをつくることができない期間が発生します。

 

債務整理の方法にもよりますが、自己破産をした場合だと約7〜10年間は借り入れに制限がかかります。

 

債務整理をすると、就職活動に影響はあるの?
任意整理、個人再生の場合は影響しませんが、自己破産の場合は一定期間だけ影響します。

 

破産手続き中の数カ月間は就職活動における資格制限がかかります。

 

よって、一生資格制限があるわけではありません。

 

また、資格制限がかかる職業は次の通りで、弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、行政書士、宅地建物取引主任者、警備員、生命保険の外交員などがあります。

 

債務整理をするメリットはあるの?

債務整理のデメリットばかりが気になる人もいるかと思いますが、債務整理にはメリットもあります。

 

債務整理における過払い金請求って何?
テレビCMや広告でよく見かける「過払い金請求」

これは、お金を借りていた消費者が払いすぎてしまった分を債権者から返してもらうように請求することです。

 

2010年以降に法律改正が入ってから過払い金請求ができるようになりました。

 

基本的に、利息制限法の上限を超える不当に高い金利、いわゆるグレーゾーン金利で借り入れしていた人が対象となります。

 

債務整理をすることによって、過払い金が見つかり、支払った分の金額が戻ってくることがあります。

 

また、過払い金請求の権利は10年間行使しないと消滅してしまうので、時効には要注意です。

 

債務整理をすると、業者からの督促はこなくなるの?
弁護士に相談したタイミングで、業者との直接的なやり取りは止まります。

 

正式には弁護士の受任通知が業者に届いたタイミングからですが、貸金業者(債権者)から連絡がきた際に、弁護士と債務整理の手続き中である旨を伝えれば、依頼者(債務者)自らやり取りをする必要はありません。

 

弁護士が債務者の代理人になると、業者が債務者に直接催促をすることは禁止されているからです。

 

代理人となった弁護士が手続きをすすめていくので、電話などで督促連絡なども受けることはなくなります。

 

よって、債務整理をすることで借金をしていた事実が周囲にばれにくくなるというメリットもあります。

 

債務整理をするとき、その費用はどれくらいかかるの?
人によって異なるので、まずは無料相談ができる「法律事務所」に相談してみましょう。

 

債務の内容、その費用や支払い方法などをしっかり確認して、納得できたら実際に債務整理の代行を依頼するようにしましょう。

 

債務整理はデメリットだけじゃない

債務整理をすることで、暮らし向きが良くなることがあります。

 

場合にもよりますが、債務整理によって受ける恩恵が大きい人は多数いることでしょう。

 

債務整理によるデメリットはたしかに生じますが、経済的に人生をリセットすることができます。

 

鳴りやまぬ督促電話に苦しむ日々と別れを告げれば、気が楽になるかもしれません。

 

また、不当に暴利による搾取から解放されるケースがあるので、一刻も早く専門機関に相談することが賢明です。

 

債務整理にかかる弁護士報酬金や着手金が気になる人も、どこに相談すれば良いのかわからないという人も、まずは無料相談から始められる「法律事務所」に問いあわせましょう。

 

まとめ

 

・債務整理をするデメリットとしては、個人信用情報に事故情報が載ることにより新たな借り入れや、就職活動に制限がかかることがある

 

・債務整理をするメリットとしては、借金の減額や免除、過払い金請求、そして業者との直接的なやりとりをしなくて済むことがある

 

・債務整理にかかる弁護士費用の持ち合わせがなくても、無料相談できる法律事務所がある

 

・借金苦で精神的に限界まで追い詰められる前に、専門家に相談すれば解決に近づく