借金|相談無料|債務整理|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【最新版】債務整理おすすめ弁護士(法律事務所)比較ランキング公開

債務整理をすると、ローンの審査はいつから通るようになるの?5年?

 

「借金の債務整理を弁護士に依頼して何年か経過したので、ローンの申し込みをしたけど審査に通らなかった・・・」

 

そう悩まれてはいませんか?

 

債務整理後は、借金の問題は解決するのですが、『個人信用情報機関』へ金融事故の情報(ブラックリスト)が登録されてしまい、5年から8年くらいの間は、住宅ローンやカーローン等を組もうとしても審査に落ちてしまうのです。

 

「でも、私はいったい何年すればローンが組めるようになるの?」

 

やっぱりそのことが気になりますよね?

 

そこで、『債務整理後にいつからローン審査が通るようになるのか」について、債務整理の種類別に、解説させていただきたいと思います。

 

債務整理の種類について

任意整理

任意整理とは・・・債権者と裁判所を通さず金融業者などの債権者に直接交渉をして、債務額の減額や支払い方法などの合意した内容で債務返済をおこなうことです。

 

自己破産せずに債務整理を行う方法として債務整理の手続きで最も件数が多いと言われています。

 

個人再生

個人再生とは・・・借金の返済に行き詰まった人が債務の返済がきなくなる前に、債務の一部免除や支払い期間の延長などにより、債務者の再生を支援する法的制度です。

 

債務の総額が5,000万円以下(住宅ローンを除く)で、継続的に収入を得ることなどを条件に、債務額を5分の1(下限100万円)に圧縮することが認められています。

 

自己破産

自己破産とは・・・借金が膨らみすぎて返済できなくなり、裁判所に自ら申し立てる破産のことです。

 

破産宣告を受けた場合、借金返済は全額免除されますが、必要最小限の生活費と家財を残して、財産や家財を没収され債権者に渡されます。

 

任意整理の場合

任意整理は、手続きが終わった時点で、個人信用情報機関というところに金融事故の情報(ブラック情報)が登録されて、いわゆるブラックリスト入りになってしまうのですが、基本的には、合意してから5年でブラックリストから消えると言われています。

 

しかし、個人信用情報機関によっては、債務整理の手続きが終わって、返済が終わってからブラックリスト入りするところもあるらしく、必ず5年でローンの審査が通るというわけではありません。

 

任意整理の手続きから、3年で返済したとして、その後に個人信用情報機関に登録されるので、そこから5年間はブラックリスト入りの状態が続きます。

 

つまり、返済期間の3年と返済が終わってからの5年。

 

「任意整理から5年経ったのにローン審査が通らない」という方は、8年経てば、ブラックリストから外れ、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりできるようになります。

 

個人再生の場合

個人再生は、任意整理と同じで、返済期間が3年の場合、その後に『個人信用情報機関』に登録されます。

 

しかし、個人信用情報機関によって、登録期間が違ってきます。

 

CICJICCは5年間で、JBAは10年間です。

 

『CIC・JICC・JBA』について

 

そのことから、13年経たないと、ローンの審査が通らないということになります。

 

10年間というのは『JBA』なので、金融機関によっては、8年で審査が通る可能性もあるのですが、個人信用情報機関の情報を共有していることが多いので、その情報を持っている金融機関でローンを申し込むと、審査が通らないことが多いです。

 

つまり、個人再生の場合は、13年過ぎると個人信用情報機関の情報から消されるので、ローン審査が通るようになります。

 

自己破産の場合

自己破産の場合は、自己破産の申請を裁判所に出して、免責が認められた時点で『個人信用情報機関』に登録されます。

 

登録される期間は、CICとJICCが5年でJBAが10年です。

 

ですので、免責が認められてから10年間はローンの審査は通らないと思っていただいた方が良いです。

 

しかし、JBA だけが10年間なので、銀行や銀行系列の消費者金融、クレジットカードなどを除けば、5年で審査が通る可能性があります。

 

『個人信用情報機関』の情報を持っている金融機関の場合は、審査に通らずに落ちてしまう可能性があります。

 

自己破産の免責が認められた時から10年が経てば、個人信用情報機関のブラックリストから消されるので、ローン審査も問題なく通るようになります。

 

債務整理後、ローンの審査で知っておきたい『信用情報機関』とは??

『個人信用情報機関』とは、クレジット、ローン、キャッシングなどの申込履歴やその結果から、返済履歴や延滞、債務整理などの金融に関係する個人の『金融事故情報』を管理する機関のことを言うのですが、この情報が『個人信用情報機関』というところに保管されていています。

 

金融機関は、ローンなどの申し込みがあると、この情報機関に問合せをして審査をおこなうのです。

 

日本では、次のような個人信用情報機関があります。

 

CIC(シーアイシー)

加盟機関

全国の銀行・クレジットカード会社・消費者金融

特徴

情報の更新を1か月に1回していて、最新の信用情報を持っています。

登録されている情報

氏名・郵便番号・住所・生年月日・電話番号・勤務先・勤務先電話番号・クレジットカードなどの契約年月日・契約の内容・残債履歴・返済履歴・入金履歴・終了履歴

 

JICC(日本信用情報機構)

加盟機関

全国の消費者金融系企業

特徴

登録されている情報

氏名・郵便番号・住所・生年月日・電話番号・勤務先・勤務先電話番号・身元確認証等の番号・契約履歴・契約履歴・貸付履歴・契約内容・貸付額・保証額・入金履歴・残債履歴・完済履歴・延滞履歴・債務整理・債権回収・破産申立・保証履行・強制解約・債権譲渡

 

JBA(全国銀行協会)

加盟機関

全国の銀行・信用組合・農協・信用金庫

特徴

銀行系列の個人信用情報機関です。

登録されている情報

氏名・郵便番号・住所・生年月日・電話番号・勤務先・勤務先電話番号・会員情報・店番・取引履歴・貸出形式区分・使途区分・担保・極度設定日・極度設定期限・極度設定額・残債額履歴・残債額・実行-事故区分・完済履歴・解約履歴・事故履歴・返済履歴

 

債務整理後、信用情報機関に自分で『信用情報開示請求』する方法は?

「債務整理から、5年くらい経ってるけど・・・もう私はローン審査に通るの??」

 

そう思われているのであれば、実際にローンの申し込みをする前に、一度自分の信用情報を開示してみることをおススメします。

 

『信用情報の開示』とは

 

『本人開示制度』という制度がありまして、信用情報機関に申請をして、あなたの金融情報を確認することを『信用情報の開示』と言います。

 

『信用情報の開示申込み』手続き方法

 

『信用情報の開示』を請求する際には、信用情報機関によって、手数料や申請書類など違いがあるので、請求される際は、下記にご紹介している各信用情報機関のWebサイトをご覧ください。

 

CIC(シーアイシー)

 

・パソコンからの申し込み

 

・スマートフォンからの申し込み

 

・郵送での申し込み

 

・窓口での申し込み

 

JICC(日本信用情報機構)

 

・スマートフォンからの申し込み

 

・郵送での申し込み

 

・窓口での申し込み

 

JBA(全国銀行協会)

 

・郵送での申し込み
*JBA(全国銀行協会)は郵送での申し込み以外の受付はできません。

 

『信用情報開示請求』を自分でしたくない・できない時はどうすれば良い?

「債務整理後、いつからローンの審査に通るようになるのか」について詳しくご説明させていただきましたが如何だったでしょうか?

 

債務整理の種類で、ローンの審査が通るまでの年数がお分かりいただけたと思いますので、その年数が経過しているのであれば、ご自身の『信用情報』を把握する意味でも『信用情報開示請求』をおこなってみてください。

 

『信用情報開示請求』は、ご自身で申請するこができますが、もし「時間と手間がかかって、解りにくい!」と思われるのであれば、WEBで代行を申し込むこともできる行政書士事務所があるのでご利用してみてはいかがでしょうか。

 

信用情報から抹消されていれば、完全に『借金地獄』から抜け出せたことになりますね。

 

まとめ

・債務整理の種類によって、ローンの審査に通るようになるまでの期間が違う

 

・『信用情報機関』には、CIC(シーアイシー)・JICC(日本信用情報機構)・JBA(全国銀行協会)の3つがある

 

・『信用情報機関』に自分で『信用情報の開示』を請求することができる

 

・自分で『信用情報の開示』を請求することをしたくない・できない時は、行政書士に代行を申し込むこともできる