債務整理|無料相談|体験談|口コミ

債務整理をお急ぎの方はこちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

債務整理でゼッタイ失敗しない弁護士は? 徹底比較ランキングを公開!

債務整理を弁護士に依頼する費用の相場は?デメリット・メリットは?

 

債務整理を弁護士に依頼するにしても、「費用はどれだけかかるの?デメリットやメリットって何があるの?」・・・

 

そのような不安を抱いていませんか?

 

そこで、あなたが抱いている、そのような不安を一つひとつ消していくお手伝いをさせていただきたいと思います。

 

債務整理には、いくつかのパターンがあり、その内容によって費用の相場やデメリットやメリットも違ってくるのです。

 

そこで、債務整理の種類別に費用の相場とデメリットやメリットをまとめてみたのでご覧ください。

 

個人再生

裁判所を通して債権者に交渉してもらい、借金を減額してもらう方法

メリット

・大幅に借金を減額できる
・財産を手放さなくて良い場合もある

短所

・他の債務整理よりも手続きが複雑

着手金の相場

40万円前後

成功報酬の相場

減額後の金額の10〜20%

 

任意再生

裁判所を通さず債権者に交渉して、将来利息を免除してもらう方法

長所

・裁判所を通さないため、手続きがしやすい
・官報の掲載がないため、第三者に知られる心配がない

短所

・減額できる金額が少ない
・交渉が大変、手続きできない場合もある

着手金の相場

1社3万円前後

成功報酬の相場

10万円前後

 

自己破産

裁判所を通して債権者と交渉してもらい、借金を免除してもらう方法

長所

・債務が免除され、借金が“ゼロ”になる
・ある程度の財産は、手元に残すことができる

短所

・一定の財産を失う
・破産者名簿に記載される

着手金の相場

40〜60万円前後

成功報酬の相場

0円

裁判所費用

予納金:10,290円 印紙費用:1,500円 切手費用:4,000円
※裁判所によって違います。

 

過払金返還請求

法定利息を超えて支払ってしまったお金を返還してもらう方法

長所

・払いすぎた利息が返ってくる
・完済済みの請求ならブラックリストに登録されない

短所

・過払い請求をかけた消費者金融からお金は借りることができなくなる
・完済後10年までしか請求できない

着手金の相場

20万円前後

成功報酬の相場

40万円前後

債務整理の3つのパターンに加え、借金の内容によっては『過払い金』が発生するケースがあります。

 

あたのにとって、どの方法で『債務整理』をおこなった方が良いのかは、債務額や債務の状況によって変わってきます。

 

債務整理を依頼するまでの『相談は無料』ですので、費用のことも含めて是非相談されてみては如何でしょうか?!